売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

【悲報】法人保険営業【打ち止め】

税金逃れを目的とした保険が売れなくなります。

とうとうその時がやってきましたね。どうなるんでしょうかね。
今まで何度となく「見解の相違」を全面に出して国税庁や金融庁と何度もワチャワチャやってきた生命保険業界ではありますが・・・。

先月、新聞でこのニュースを見た時、「ああ、みんな大丈夫かな・・・」と思った反面、「やっぱり辞めてて良かった」とお客さんから罵倒されながら友達を失いながら、起きれなくなるほど苦しみながらも生保業界から身を引いた自分の運の良さ?で胸をなでおろし、辞めた事を正当化する自分がいました。所詮人間なんてこんなものだよ~だ、うきゃきゃきゃきゃきゃぐへっへっへ・うえへえsだsfdpj!

さて、簡単に言うと、問題になっているのは「会社経営者向けの生命保険」でして、受取人が会社であるとか諸要件を満たせば「保険料を経費とする」事が出来たんですよ。まあ社長とか役員が入ったりする生命保険ですね。

これの何が問題かっていうと、利益が出た会社はその半分近くを税金として納めないといけません。つまり、どうせ持って行かれるなら何か経費が掛かるものに使った方がマシなワケじゃないですか。という事で生命保険にそのお金を使うワケです。

なぜ生命保険なの?設備投資とか車を買い替えたり色々あるじゃん!って思いませんか?なぜかというと、生命保険には「解約したらお金が帰ってくる」って性質があります。だから保険を使うワケであります。もちろん、死亡保険が付いて来ますからお金を貯めながらその間に社長とか役員が亡くなってしまったら莫大な保険金が会社に入ってくる。いいとこ尽くめなのであります。

儲かっている時に経費として保険を掛けて利益を減らして税金から逃れます。そしていつか赤字になったりした時は解約してお金を取り戻せばいいワケです。もし赤字にならなくても退職金に変身させたりと色々バッチリですね。生命保険はお金持ちの味方なのです。うん。

それがいわゆる「税金逃れ」だと今回こそはバッチリ決められたようです。つーかそれ、バッチリ税金逃れじゃんwwwwwつまりこれからは純粋に「社長が亡くなった時に備える保険」として販売していかないといけません。

こうなると・・・営業マンの質が問われますね。本当に強い営業マンしか生き残れなくなります。そうなると苦しいのは商品売りスタイルの大手国内生保でしょうかねえ。ニッ●イとか第●生命とかです。元々プルデンシャルの「保険商品」は他社と比べると笑いが出るほどクソ弱いです。※外貨建て保険等、一部除きますが。
それにもかかわらず国内最多のMDRT基準者を叩き出すプルデンシャル生命はやっぱり営業マンがすごい、つまり「人」なワケですね。

もちろん「プルデンシャルでも退職者がたくさん出るんじゃないの?」とかよく聞かれますが元々そんな人は法人営業なんて辿り付けてないだろうからあまり影響ないかもしれませんね。

もちろん今まで通りには行かない事もあるかも知れませんがどんな時でもいかなる時でも意地でも保険を売ってきたバリバリの変態の異常な上級者の人たちには関係のない話なのかもしれません。

だってプルデンシャルの「上級者」はマジ変態。おっと、いやいやスゲーから。

私は・・・どんな状況でも生き残っている自信はありません。40代後半にも差し掛かると靴をすり減らして営業するスタイル自体がもうダメだw

サラリーマンで、管理職としてぬるま湯に浸かっておりますが、家族がギリギリ食って行けるくらいは稼いでいます。


幸せです。みんながんばれ。(棒読み)

以上。