売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

私が家庭教師をやった時(ダイヤみっけた)

高校2年生16歳の女の子を当時18歳の私が教えていた。

そのコは自分に自信が持てず、顔色も青いというか、血色が悪いというか、おどおどしてて、クラスでも目立たず、モテず、モテようともせず、友達と遊びにも行かず、恋愛なんて当分無縁であろう女の子だった。

(コレ、ダイヤっすヨ・・)

しかしながら色白で透き通るような肌、目立たないけどスッキリとした顔立ち、少々小柄だけどスラっと伸びた足、誰にも汚い手で触れられた事がないであろうキシャな体と純朴な心・・・。

つまり私はダイヤの原石の家庭教師になりました。

私が教えていたのは英語。たった2歳差で相手は超絶未成年、つまり淫行条例にゴリゴリ引っかかるお年頃だけど当時は私も未成年であるので未成年同士の場合は淫行条例に引っかからないと思っていたし、中学生の頃からむちゃくちゃやっていた私はそれが正しいかどうかは知らないけどまず英語を教えるよりもまず勉強するクセを付けるって事から始める事にした。

もちろん16歳であるからお胸サイズも発展途上だろうしだいたい当時の女子高生なんてほとんどペチャパイだから問題はそこではなかった。

 

「1日3コ、単語を覚えよう!それで勉強はおしまい!」

これが勉強嫌い、部活と遊びばかり、毎日年上の彼女とイチャイチャ、そんなパー竹林だった私が某私大に受かった必殺の勉強法だ。

私の穴があったら入れたい時期の性欲を一身に受けてくれた年上の彼女から習った勉強法である。「あんたはバカだから1日3コ、英単語を覚えな」それが終わったらご褒美のお楽しみタイムってワケだったので、その16歳の女の子もきっとそれが効くと信じていた。

振り返っても今の私の原動力になっているのもこのイチローばりのルーティン「一日3コ」だったと思う。一日3コ覚えて、昨日覚えた3コの復習をしておしまい。次第に勉強するクセが付き、それだけはどんな時でもやり切った。おかげで英語だけは学年トップクラスまで上り詰めたのだ(英語だけ)。

365日×3コ=1,095コ×2年=2,190コ

※2,000コを超える英単語は受験追い込み時に必ず役に立ちます。

※2年目は同じ方法でグラマー(英文法)もやりましたケドね。


「さあ今日も3コ覚えるぞ!」

「学校で覚えて来たヨ!」

「じゃあ昨日の3コ、書いてみて!」

「学校でずっと復習してたヨ!」

「じゃあ今日やる事ないじゃん!」

「へへへへ」

「そっか、じゃあ・・・」


残りの時間は二人の信頼関係、コミュニケーションを取る時間に充てる事の方が初期は大事なのだ。我々はこれから受験戦争を戦い抜いていくパートナーなんだから。

という具合でその16歳のコの調教、いや勉強は順調に進んで行き、透き通るような白い肌を私色に染めて行くにもそんなに時間が掛からなかった。

16歳の勉強嫌いな女の子は予習・復習のクセがつき、もちろんご褒美があるから人間は動くワケで動物が本能的に求める欲求をご褒美にしておくだけでパブロフの犬状態になり、3コ覚えたらついついヌルっと濡れてしまいがちな16歳が出来上がっちゃった。てへ。

教科書で勉強

英単語3コのみ!でクセを付け、時期を見て文法(グラマー)にチェンジする予定でその下準備でたった3つの英文法を覚えさせていった。ただここで大事なのは使用する教材で、これは学校で使う教科書でないといけない。それには明確な理由が3つあるのです。

①学校の授業で見たり聞いたりする機会が増える。
②友達に自慢できる。
③受験では学校の教科書から問題が出る傾向があった。(当時)

次第に英単語を覚える事で英語アレルギーを克服して行き、やる気になったピチピチ16歳。クラスの順位も最下位付近から3人抜き、5人抜き、脳の開発と一緒にカラダの開発までされちゃう事からその年頃では味わえない経験をほぼ毎日しているワケでお色気度も急上昇、「友達がガキに見えちゃうんだよね」と言ったセリフを吐いてしまうほど自分自身に対して自信も付き、出会った頃はおどおどしてて言葉も弱かったあの色白でペチャパイの16歳が17歳を迎える頃には色々な意味でトップ集団を狙える位置に来たそんな時に・・・とある変化が起きた。


「来ないの」

「え?」

おかしい、ヘルメットはしっかり被っているし、脱げた形跡もなかった。何よりその辺りのリスクは承知していたし、だいたい16歳の女の子の部屋って親御さんもいる家の2Fだし「こんばんわ~」とか言いながら2Fに上がって行くんだから平日のご褒美だってやれることは限られている。休日で「今日、親いないから」と言われた時だけラブホテル状態だったのは事実だし、自分から腰をグイングインするいいオンナになって行ったのもうれしかったけど。しかしまあ、最初は指すら入らなかったのにねえ、ホント。ダイヤだったなマジで。

結局、後日に月一のお客さんはやって来てくれて一安心、若い時は不順な方が多いらしいし、二人の日常はいつも通りに戻って1日3コの英単語とカラダ開発も順調にこなして行ったんだけど、本当に伝えたい変化はこっち。

「一日10コにしていい?」

「ダメ、3コ」

「絶対にやるから」

「ダメ、3コ」


注意事項があった。やり過ぎないこととヤリ杉ない事だった。いきなり無理した数字をルーティンにしたら必ず無理が来て、一日でもサボると全てが止まる。それくらいなら最初の3コから復習に充てた方が無難なのだ。

とは言え、やる気が出た彼女のやる気とヤル気を削ぐのももったいないので、単語1コとグラマー(英文法)1コとお口を使ったテクにステップアップ。やる気とヤル気はとても大事で両立させることで勉強が楽しい献身的な心を持つステキな女の子になっていった。


「体育祭とか文化祭の役員をやりなさい」

「うーん、やってみる」

出会った頃の彼女では間違いなく拒絶されていたであろうことにもチャレンジさせて行った。授業で先生に当てられた時に答えられた快感やテストの点数だけを見ても注目を浴びるようになり、自信がついて来た彼女の青白い顔色がピンクに変わって行った。

人間は自身が付けばカラダが動くし、血色が良くなった彼女の顔はドラマティックに目立つ存在に変化。SEXやおナヌーも女性ホルモンを活発化させる事に役に立つ事は学術的にも証明されているワケで元々ダイヤの原石だった彼女をブリリアンカットしていくのが本当に楽しかった。
学校行事の役員をさせたのも理由があって、ずばり内申点(調査書)を稼ぐためだったし、部活動をしていない彼女は「大学への推薦枠」に入れる可能性があった場合、部活動をやっていた生徒に比べて不利な事この上ないからだ。

学校行事や生徒会に携わる事で友達も増え、ますます輝いて行く彼女。そしてどんなに帰宅時間が遅くなっても3+1コは続行させた。どんなにきつくてもやる気がなくてもたった3+1コならやれるから。こんな時に10コとかしてたら断念してしまうので絶対に無理は禁物ってワケです。高校生だもん、学校行事だって一生の思い出になるんだから大事にしてもらいたかった。

しかし、生理が来ないたびに「来ないの・・・」とドーンとテンションが下がる彼女を「大丈夫だって!」と励ます私。2~3週間に1回は「来ないの・・・」攻撃が私に降り注ぐ。落ちた彼女を再浮上させるにはどんな手を使ってもムダ。とにかく生理ちゃんが来てくれない事にはナニをナニしてもダメだったのだ。

生理終了日から換算して排卵日の前後以降からずっと、つまり危険日と思える時期は絶対に指しか挿入しなかったし、どんなに求められてもガマンした。安全な時期に安全対策を施し、安全に最大の注意を払って安全に外でフィニッシュ。ヘルメットに亀裂がないか、危険な液体が漏れていないかを彼女と二人で指さし確認「漏れてなーい!よーし!」と確認していたにもかかわらず。

そんなご褒美をやっていたのだが、次第に彼女の性欲が抑えきれなくなるほどになっていった頃に限界と身の危険を感じ、お別れを決意した。

そもそも、彼女は高校時代の後輩で、私と彼女の親同士が偶然知り合い、仲良くなって私に家庭教師をお願いされた形だった。

当時、私には彼女はいなかったがその子にとっての彼氏は私だったのかも知れない。まんざらではないほどかわいいコになってしまったが、生理が来ないと自覚するたびに自殺しますから止めないで。先輩も一緒に死んでくれたらなお良しなんですけど。的なメンヘラちゃんが私には大変つらかったし、本当に死んじゃったら私も容疑者になるワケですし、重要参考人程度としても色々な面で私の人生に思いっきり亀裂が入りそうで。

一方、成績もグングン上がり、青白からピンクへ顔色も性格も変わった事で親御さんからも大変感謝され、「全てあんたのおかげ!ありがとう!」と言われたのは超うれしかった反面、後ろめたい気持ちもあったが。あんな純朴なコをあんな感じに開発しちゃってホントにすみませんでした。

逃げるように彼女と別れ、逃げるついでにいい機会だからと親を説得して独り暮らしをさせてもらい、私達は高校生と大学生、距離も100キロ以上離れ一安心だ。


そして私が大学3年生になった時。


「先輩!」


「うん?」


「受かっちゃった(ニッコリ)」


(ぎゃあああああああ!)


すごいよ、何事も継続は力なり・・・。

一日3コ、オヌヌメです。

そしてメンヘラちゃんとの大学生活は割愛致します。

身バレが怖い。

 

おわり

2025問題

そういやあとたった5年でうわさの2025問題がやってくるぜ!

5年と言えば上司のクソじじいもあと4~5年で退職だぜ!

あの経理のおばはんも一緒に辞めろや!

あいつら年金はどれくらいもらえるん?

知らん!

ググれカス!

おいおい!20~25万円もらうらしいぜ!

マジか!

マジか!すげーな!

ところで2025問題ってなんだよ!?

ググったぞカスめ!

えーと・・あと5年くらいで75歳になる人たちがめちゃくちゃいるらしいぜ!

それってうちの父ちゃん母ちゃん!

めちゃくちゃいるってどれくらい?

ざっくり2,000万人くらい!

友達いっぱいいていいな!

いいな!

しかも75歳になったら病院代が1割だってよ!

俺たちは3割?

それいいな!

うらやましいぜ!

そんな人たちが5年後に一気に75歳になるってよ!

それスゲーな!

それがなんでヤバい問題なワケ?

残りの2割は俺たちが負担するってワケよ!

マジか!

スゲーな!

俺たちスゲーな!

任せとけ!バッチリ負担してやんよ!

マジか!お前すげえ!

俺無理!

俺も!


え、じゃあ俺も!


おわり

2,000万円必要ないってよ!

【金融庁の金融審議会は25日、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の蓄えが必要と試算した老後資金報告書の撤回を決定した。

 

おお!「撤回した」ってことは!

やったぜみんな!つまり2,000万円の貯蓄は必要ないってよ!

金融庁やるじゃん!

老後なんか年金だけでイケるんじゃね?

老後は遊びたいよな!

カジノでウハウハしてえし!

空飛ぶクルマで日本一周とか普通じゃね!?

あ、みんなで月に行こうぜ!

となると最低でも月30万くらい欲しいよな!

年金うえーい!

年金うえーい!

で、いくら出るん?

知らん!

さっさとググレ!

おいおい!夫婦で13~18万円くらいもらえるぜ!

俺18万がいい!

俺も!

30歳の俺は!?

ハイ13万!

がびーん!

45歳の俺は!?

ハイ18万!

やったぜ18万!っておいおい!それでも全然足りねえ!

しかも夫婦でかよ!質素な夫婦生活か!

それでも45歳の俺、18万、勝ち組ざまあ!

ちょっとまて!最初は18万もらえても!

だんだん減っていくぜ!80歳あたりで14万www

それマジか!

夫婦で14万www

ざまああ!www

あ!30歳のお前なんか最初からずっと13万だぜ!

しかも65歳以降の受け取り開始www

マジか!

ざまああああ!www

それよりちょっと待て!

ざっと計算してみたイカス俺!

む!おぬし出来るな!

18万でも全然足りねええええ!

マジか!ざまあ!ww

そういう30歳のおぬし、4,000万以上足りぬぞ!

マジそれ死亡確定?

貯金は必要ないって言ったじゃん!

どうせみんなも同じだし!

日本がなんとかしてくれるだろ!

俺たちバッチリ年金払ってるし!

そうだな!

 

おわり

なぜだろう。タトゥーが大嫌いである。

パフィーの大貫亜美が両足の甲に猫ちゃんのタトゥー写真を公開して物議って記事を見た。
周囲のママ友たちの反応もかなり悪いようで世の中はまだ多少はまともな気もしている。

安室ちゃんや浜崎あゆみ、倖田來未とかも残念なタトゥーが入っている。まあ浜崎あゆみや倖田來未はどうでもいいのだが、いくら歌がうまくても安室ちゃんが好きになれないのはタトゥーのせいなのかも知れない。安室ちゃんの透き通るようなキシャな細い腕にタトゥーが入るだけでおじさんはがっかりなのだ。きれいに消すのも難しいみたいだし。

だいたいタトゥーと打つのがまずめんどくさい。「タト」を打った後に小さい「ゥ」を打って「ー」を入力する必要があるのだ。もっと簡単に入力する方法もあるのだろうけれど。

さて、大学時代に付き合っていた彼女と別れた数週間後、突然私のアパートにやってきたその元カノ。いきなり服を脱ぎだすと見せてきたのは胸の谷間のアゲハ蝶。突然やって来て突然服を脱いでそのクロアゲハを私に披露したのち・・・

「付き合ってた証が欲しくてさ」

という捨て台詞を残してさっさと服着て帰って行った。

(いきなり刺されて無理心中狙いかと思ったぜマジでビックリさせんな!と思ったけど)

もうね、アホかと。この記事は批判覚悟で書いてるが私みたいなカスと付き合ってた証が欲しかっただとかもう、頭おかしいと。

一生消えないんだぜ?これから別の男性と付き合って、結婚して、子供産んで、おっぱい飲ませるにも関わらず、なぜ乳にタトゥーなど入れたんだドアホめ。

私にしてみれば罪悪感しかない。当時、若干二十歳の女性に結果的にはそんなアホな行為をさせてしまった自分を未だに責めてしまう時があるがちょっとメンヘラちゃんだったのでそれが救いでもある。私はメンヘラに好かれる体質のようだし。

しかしながらその罪悪感はプルデンシャル生命に転職し、生命保険を扱うようになってからより一層強くなってしまった。

「ファッションタトゥーでも保険に加入するのが難しい」のである。

それが彼女や最愛の我が子などと言った誰かのイニシャルですら・・・である。腕のどこかでもちょろっとでもタトゥーを見つけた瞬間・・・・。

「きれいなバラですねえ・・それはシールですか?」

「いえ、ちゃんと入ってますよw」

「ああ、そうですか」

(はい、おしまい)

だった。

最初に見つければまだダメージも少ないが、最後の最後で見つけてしまった瞬間、それまでの商談は全て水の泡。※今は知りませんがタトゥーに対して少しは緩くなったんだろうか。
当時はあくまで営業担当に見つからなければセーフ、だったのだけども。

そんな経験をするたびに大学時代のクロアゲハの元カノを思い出すのである。温泉すら家族風呂にしか入れない体にしてしまったのだ。私と付き合ってしまったばっかりに。


なぜタトゥーがダメなのか。生命保険や医療保険に入れないのか。

まず、「肝炎やエイズの可能性」である。このご時世、さすがに針の使いまわしなどしないだろうけど10年前はかなり言われていたのも事実。そしてインクが溶け出して、肝臓などに超負担が掛かる可能性が高い。いくら天然素材インクと言ってもそれを100%証明するのは難しい。


そしてやっぱりタトゥーは刺青=ヤクザってイメージが根強いですね。反社会的勢力(暴力団)は保険に入れないし、スーパー銭湯にも入れない。

タトゥー入れて街をワーワー叫びながら歩いてる頭おかCバカ者たちは態度がデカいし、それだけで気が大きくなってんじゃないの?

そういえば私の彼女もメンヘラちゃんだったし、保険営業時代に数人と出くわしたがやっぱりちょっとアレな人だらけでまともな人はほとんどいなかったな。

オトコならちょっと悪そうに見られたいのもわからないワケじゃないが、私がやるとしてもせいぜい無精ひげとサングラスぐらいであるw

古臭い体質かもしれないが、「親からもらった体すら大切にできないヤツを信頼できるワケがない」と思っている。もし最愛の娘がタトゥー付き男性を連れて来たらそっこう家から放り出す所存であるし、残念ながらそんな輩はうちの会社でも雇うつもりもない。面接時にタトゥー見つけたら問答無用で落とす。

ぶっちゃけホワイトカラーは無理なのだ。残念ながらまだそんな時代であり、そんな国なのである。日本は。

それ言ったらタバコや酒とかと何が違うんだと言われても仕方ないが、税金を払う社会的に認められた行為と比べられても困るワケで。病気になるまでやるのはもちろん良くないし、副流煙などの二次的健康被害もあるのだろうけど。

保険や風呂すら入るのに苦労して、病気の可能性もあり、日本においては反社会的勢力とかメンヘラちゃんとかに見られ、会社の面接とかでも超不利で一生消えないとっても残念なタトゥーをなぜ入れるのだろうか。

ベッカムなんかもタトゥーだらけじゃん、アレ、かっこいいの?まあ腐るほどお金あったら保険も要らないだろうから好きにしたらいいけどね。

タトゥーを入れてしまって後悔している方に読まれませんように。重ねてごめんなさい。若気の至りもあるのだろうけど、事実は事実。一生、背負うしかない。

最後になるがぶっちゃけ「子供の教育に悪いから大貫亜美も色々言われてる」ワケだ。親がそうなら子供の将来もそんな残念な感じになるよって事かな。

タバコだって自分が吸ってたら子供が吸ってるの注意し辛いじゃん。それと一緒さね。

しかしいずれ日本もタトゥーがデフォになるのかもなあ。そして願わくばキレイにそして安く消せる技術がちゃんと確立されますように。手術料がめっちゃ高い上にキレイに消すのはとっても難しいみたいなので。


おわり