売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

銃弾の証明

(・・パンッ)

 

・・・?

 

まるで銃声のような、乾いた音が響く。・・・いや響いた気がした。

私は午後の昼下がり、得意先に向かうため少し早めの昼休みを終え、会社の本社ビルの階段を下っていた。わざわざ各駅停車のエレベーターに乗るよりも昼休み時は階段の方がよっぽど早い。

2階の踊り場をスロープに沿って華麗にUターンし、1階へ下って行く最中だった。

それは衣類越しに触らなくてもわかる。すでに「ヌルッ」とした感覚が皮膚を伝っている。

(・・・やられた?)

全身から冷や汗が噴き出した気がする。その「ヌルッ」とした感覚は噴き出した汗でない事くらいわかっている。

怖い。とにかく確かめるのが怖い。傷は浅いぞ、焦るな、傷は浅いのだ・・・自分に言い聞かせる。

2階に戻って助けを呼ぶか、それとも会社に併設されたコンビニに駆け込むか悩んだ一瞬ではあったが、後者のコンビニを即座に選ぶ。

(頼む・・・!絶対にあるハズ!)

そう、私がコンビニを選んだのには理由があった。あの時、会社の2階に戻ってもできる事と言えば現状確認、傷の深さの確認及び応急処置が出来たくらいだっただろう。

 

(コンビニにさえ辿り付ければ・・・)

 

ぴらぽらぽらー♪ぴらぽらぽ~♪

「いらっしゃいませ~」

某コンビニのBGMと店員のノンビリとした挨拶が私の置かれた状況とかなりの温度差を感じる。店員はまだ気づいていないようだ。とにかく騒ぎになるとマズイ。

(あるか?・・・あるか?・・・あるか?)

焦るな、きっとあるハズだ。自分に言い聞かせる。

「あった!2L!」

私はレジに向かうが念には念を、余裕を見せる為にアイスコーヒーのSサイズを注文する。

「暖かくなってきましたね~」

「そうだね~」(o^―^o)ニコ

店員はもちろん顔なじみだ。ここでバレたらここまでの苦労が水の泡。慎重に行動に移そう。

その2Lを受け取り、アイスコーヒーをドリップ機から淹れ、いったん外に出るフリをするがそのままUターン。

「あ、トイレお借りしまーす」

「奥になります~」

(よし!)

トイレは空いている!順調だ。ここまで順調・・・順調・・・

 


 


_| ̄|◯


被弾!

ズボンを脱いだ時にスーツのズボンに被弾!

最後の最後で詰めを誤った・・・。

 

40歳も後半になると空砲と実弾を間違う年齢です。
みなさんも十分お気をつけください。

 

まさかのパンときた。

 

おわり

【悲報】法人保険営業【打ち止め】

税金逃れを目的とした保険が売れなくなります。

とうとうその時がやってきましたね。どうなるんでしょうかね。
今まで何度となく「見解の相違」を全面に出して国税庁や金融庁と何度もワチャワチャやってきた生命保険業界ではありますが・・・。

先月、新聞でこのニュースを見た時、「ああ、みんな大丈夫かな・・・」と思った反面、「やっぱり辞めてて良かった」とお客さんから罵倒されながら友達を失いながら、起きれなくなるほど苦しみながらも生保業界から身を引いた自分の運の良さ?で胸をなでおろし、辞めた事を正当化する自分がいました。所詮人間なんてこんなものだよ~だ、うきゃきゃきゃきゃきゃぐへっへっへ・うえへえsだsfdpj!

さて、簡単に言うと、問題になっているのは「会社経営者向けの生命保険」でして、受取人が会社であるとか諸要件を満たせば「保険料を経費とする」事が出来たんですよ。まあ社長とか役員が入ったりする生命保険ですね。

これの何が問題かっていうと、利益が出た会社はその半分近くを税金として納めないといけません。つまり、どうせ持って行かれるなら何か経費が掛かるものに使った方がマシなワケじゃないですか。という事で生命保険にそのお金を使うワケです。

なぜ生命保険なの?設備投資とか車を買い替えたり色々あるじゃん!って思いませんか?なぜかというと、生命保険には「解約したらお金が帰ってくる」って性質があります。だから保険を使うワケであります。もちろん、死亡保険が付いて来ますからお金を貯めながらその間に社長とか役員が亡くなってしまったら莫大な保険金が会社に入ってくる。いいとこ尽くめなのであります。

儲かっている時に経費として保険を掛けて利益を減らして税金から逃れます。そしていつか赤字になったりした時は解約してお金を取り戻せばいいワケです。もし赤字にならなくても退職金に変身させたりと色々バッチリですね。生命保険はお金持ちの味方なのです。うん。

それがいわゆる「税金逃れ」だと今回こそはバッチリ決められたようです。つーかそれ、バッチリ税金逃れじゃんwwwwwつまりこれからは純粋に「社長が亡くなった時に備える保険」として販売していかないといけません。

こうなると・・・営業マンの質が問われますね。本当に強い営業マンしか生き残れなくなります。そうなると苦しいのは商品売りスタイルの大手国内生保でしょうかねえ。ニッ●イとか第●生命とかです。元々プルデンシャルの「保険商品」は他社と比べると笑いが出るほどクソ弱いです。※外貨建て保険等、一部除きますが。
それにもかかわらず国内最多のMDRT基準者を叩き出すプルデンシャル生命はやっぱり営業マンがすごい、つまり「人」なワケですね。

もちろん「プルデンシャルでも退職者がたくさん出るんじゃないの?」とかよく聞かれますが元々そんな人は法人営業なんて辿り付けてないだろうからあまり影響ないかもしれませんね。

もちろん今まで通りには行かない事もあるかも知れませんがどんな時でもいかなる時でも意地でも保険を売ってきたバリバリの変態の異常な上級者の人たちには関係のない話なのかもしれません。

だってプルデンシャルの「上級者」はマジ変態。おっと、いやいやスゲーから。

私は・・・どんな状況でも生き残っている自信はありません。40代後半にも差し掛かると靴をすり減らして営業するスタイル自体がもうダメだw

サラリーマンで、管理職としてぬるま湯に浸かっておりますが、家族がギリギリ食って行けるくらいは稼いでいます。


幸せです。みんながんばれ。(棒読み)

以上。

重い歌詞に明るい音楽を乗せるとこんなにも。

D専というテーマのファンタジーを書いたあとに何を突然・・・と思う方もいらっしゃると思いますが、ふと感じた事を書きます。

神風でも回天でも・・・他にもたくさんあるけど。死に直面している特攻を控えた者とそれを送り出す者。そんな二人を想像して読んでいただきたいです。

何の為に生まれて、何をして生きるのか答えられないなんて、そんなのは嫌だ!
今を生きることで、熱いこころ燃える。だから君は行くんだ微笑んで。

何が君の幸せ?何をして喜ぶ?解らないまま終わる?そんなのは嫌だ!
忘れないで夢を。零さないで涙。だから君は飛ぶんだ何処までも。

そうだ!恐れないでみんなの為に愛と勇気だけが友達さ。

嗚呼アンパンマン優しい君は、行け!皆の夢守る為。

時は早く過ぎる。光る星は消える。だから君は行くんだ微笑んで・・・。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び。たとえどんな敵が相手でも。

先日、娘たちとカラオケに行きました。その時、アンパンマンのうたいれて~とリクエストがあり、デンモクで探す私。
「あれ?タイトルはなんだっけ?」
「それ行けアンパンマン?アンパンマンの歌?アンパンマンのテーマ?・・マーチ?」

と行き詰まったため、曲の歌詞を見る事に。

「・・・・??」

「・・・え?」

「ねえ、、コレ?」

「うん、それ」←妻

なんての歌詞の重さ!これがあの明るい音楽に乗ると誰もが口ずさむあの「アンパンマンのマーチ」に??

どんな敵が相手でも、なんのために生まれたのか自問自答しながらもみんなの夢を守るために今を生きる為に敵軍に突っ込んで行ったのかな・・・と特攻隊の方々を想像してしまいました。(後日ググればそんな説もあるとあって納得しました。)

子供たちが楽しそうにこの曲を歌う傍らで一人、何か胸を打つものがあり、目が潤んでしまいました。おっさんになればなるほど泪もろくなるなあ・・・。

皆さんはどうお考えになりますか?

※歌詞は多少の入れ替え、句読点などの挿入をしております。あしからず。

おわり

⑥D専アンドロイド工場「エピローグ」※おわり

「・・・かくかくしかじかで、以上、報告終わります」

「はいお疲れ~」

課長に一部始終を報告し、席に着くとB子が話しかけてきた。

「Aくん、またとんでもない結果、出しちゃったわね」

「そうか?なんかでもスッキリしないんだよな~」

「どうして?」

「私情は一切挟まないのが俺たちSSSだろ?でも今回はちょっと違ってさ」

「だいたいこのヤマに上層部がなんで俺を指名したのか、未だに謎だしさ・・」

それよりも信頼していたあの3人、あの3人がどうしてC子を襲ったのか、そしてあの3人はどうなったのか引っかかっているのだ。そして【Dの意志】、あれからじっちゃんはいくら話しかけても出て来ない。

課長「そうそう、Aくん、今回の事件で話があるって」

課長「君を指名した上層部が役員室で待っているよ」ニヤニヤ

いくらSSSのエースとは言え、平捜査員のAが国家機密の上層部と面会できるチャンスなどなく、それこそシークレット中のシークレット、最重要機密部分に当たるのだが・・・。ビクビクしながら役員室へ向かう。

「コンコン、入ります!」ガチャ

「わははは~!私の一撃よくぞかわした!ww」

「き、キンポーのおっさん!」

「奥さんの写真がまだ送られてこないぞ?ww」パシャパシャ

「わたぶ~さんも!?」

「私は本当は右利きなのだよ」シュパ!

「あ、あぶ!危ないですって!ドクターも!」

「みんな!良かった!無事だった!でも・・・なぜC子を?」

彼ら3人はSSSの特別潜入捜査員だった。ただその世界ではあまりに有名であるため、芸能界やマスコミ、TV業界などの潜入を行う特別専門チームの、つまり仲間だったのだ。

「お前に【Dの意志】があるってドクターが見つけてさ」パシャパシャ

「これを覚醒させないとキメラに勝てないってドクターが。わははは」

SSSである事がバレてしまった3人はAの【Dの意志】を覚醒させる事に掛けた。そのために乱暴ではあったがC子を襲い、Aの覚醒を待ったが3人はオーナーにやられてしまう。

「C子が、社長!あとは任せた!わははは!って言ってたって・・・」

ウイーン。自動扉が開く。

「始めまして。私が当組織のトップです。」

「め、め、メンちゃん!?」

「その節はどうもw」ウインクぱちー

「申し訳ないが、捜査員たちの素性は全部、組織のDBに入ってある。このDBからAIが導き出した最適な捜査員が、A君、君だったという事だ。家庭の事情、親族、配偶者の情報まで全てを計算した結果、選ばれただけ。」

メンちゃんは続けた。

「そしてD専工場でキメラ復活の情報が出てね・・・。まあA君くらいDB嫌いなら適任かなって」ウインクぱちー

「ま、全て私の計算通りになっただけだけどな、ふん」ゴクッ

「さ~って。これで本当にPIG4も解散だww」パシャパシャ

「じゃ、飲みに行くかあ!今夜は社長のおごりだぜ!わははは」

「だから社長って言うのはおよしなさい!」ウインクぱちー

「・・・二次会はおごるよ」ゴクッ

「今夜は昇進祝いだな!わはははは!」

全て組織が仕組んだシナリオ通りではあったが、見事に大役を務める事に成功しAは「SSS」の特別スペシャルチームである「SSSS」へ抜擢されたのだ。これから「S4」(エスフォー)として華々しくも・・そしてこれらかもずっと世間の誰にも知られる事のない潜入捜査員として。今日の日本は彼らのような裏方さんに支えられて存続出来ている事実を知っている人間は少ない。

 

(・・・・今のお主なら奥さんもイケるハズぢゃw)

(じ、じっちゃん!?どこ!?)

(1世は両刀ぢゃったぞ!ww)

(ばいば~いw)スッ

 

おわり

 

ファンタジーを書いてみたく、勢い余って挑戦してみたものの、やっぱりその難しさは名器に出会うよりも難しいって事が大変よくわかりました!w

 

おわり