売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

娘(6)からの問題がわからない。

それは丸くて~。

数字が書いてあって~。

ヒモが付いているの!

 

な~んでしょ!?(o^―^o)ニコ

 

6歳になる娘から出されたクイズだ。丸くて数字があってヒモが付いている?その答えを求められたのだが、これが案外わからない。

 
「ヨーヨー?」

「違うよ、数字がな~い。」

 

「信号?」

「違うよ、数字もヒモもない~。」

 

「ビリヤードのたま?」

「またヒモがな~い。」

 

いや、わかんない。わかんないぞ。妻も悩んでいる。

 

・・・その時天啓のヒラメキ!!!

 

「わかった!わかったぞ!!」

 

「たまごっちだろ!」 

 

「ちがーう。それじゃなーい。」

 

もう全然わからない。約30分、問い詰められたのだけど、さっぱりわからないのだ。娘は適当な事を言っているだけなのかもしれないが、「ヒモがない」だの「数字がない」だの案外と現実的に返してくるから少なくとも娘の頭にはちゃんとした答えがあるのだろう。

 

じゃあ、コレ。お父さん、もうコレ。

金持ちで太ったおばさんが逆ソープに行って、数字で書かれているホストを選んで「3番君、お願い」などと指名して、十分尽くされて満足させてくれる相手とわかると「ヒモ」として男性ホストを高級マンションの一室でも与えて囲う。そのホストはカネ欲しさのあまりおばはんに尽すがいつぞや飽きられて捨てられてしまう悲しい物語。そうだ、そうに決まっている。

いや、この場合、ツバメって言うのかな?ヒモとは定義が違うかもしれないけど、私が導き出した答えはコレなんだけど絶対違うのは明白。

 

いや、マジで答え、誰か教えて下さい~。

 

おわり