売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

はてなブログProがあと6日で使えなくなります

「はてなブログProがあと6日で使えなくなります!」

はてなさんからメールが来た。Googleアドセンスから永久追放を食らった今、私はこのブログをProにする必要は全くない。
しかも最近はゴルフだゴルフだゴルフだと仕事も超忙しく、ブログを更新する体力すら
奪われている始末。


それにしてもまだ6日もあるので少しはてなProの思い出でも語ってみよう。

だいたいこんな40歳も後半なおっさんが若かりし頃の思い出を語り、PV数を上げてるだなんて事は「小遣い稼ぎ」目的以外でもなんでもないが最初はそんなつもりは全くなかった。

一番最初のブログ記事は自身が経験した「プルデンシャル生命」への転職を書いた。

そして書いた事も忘れた3ヶ月目くらいの事、ふと集客数を見てみた。

(ぎゃああああ!)

私自信では信じられないくらい・・・。


見られていた。すごいPV数だった。

 

(やべえ!身バレしてないかな!?)

それが一番最初に感じた感覚であり、全身から汗が吹き出そうになった事を覚えている。


「金儲けできるんじゃないの?」

私の報告を受けた先輩があっさりと言った。
(※のちに私のアドセンスを止めた張本人ww)


(小遣い稼ぎかあ・・・)
あっさりとその先輩に乗せられた私はブログを頑張って書く事にした。
どうせなら色んな人の情報源となる記事を書き、役に立つ内容であればもっと人気でるかもな、などと自分自身を肯定し。

そこからアドセンスの合格を勝ち取るまで毎日毎日ブログを更新した結果、2回目の審査で無事合格となり、お小遣いという名の副収入が入ってくる形に。

・・・となるハズだったのだけど、その先輩がおもしろがってアドセンスから配信される広告をヒマさえあればポチポチと押し始めたのだ。

異変に気付いたのはある日曜の夕方。

「すげえ貯まったろ?」

先輩からLINEが来る。

(うぎゃああああああああ!)

「辞めて!今すぐストップしてください!」

一日で7,000円~8,000円くらいの広告収入が入るくらいポチポチされていたのだ。

(ヤバい、これ、絶対警告が来る)

その時はその程度にしか考えてなかったのだ。アドセンスチームに不正クリックが入った旨、連絡1本入れていればもしかしたら今までの広告収入は没収&警告程度に済んだのかもしれないのだけど、そんな方法がある事など知らないワタシが取った方法は前回バリバリの放置プレイ。

翌日の朝。アドセンスを立ち上げると「アカウントがありません」的な管理画面が目に入る。慌ててメールを確認するとよくわからない内容で「アナタはアウト~!」といった意味のメールが来ていた。つまり滅多にないと言われる「一発退場」だ。
ようやくことの重大さに気付くも復活できる可能性は皆無との事。1円も受け取らないままアドセンスから永久追放を食らってしまった。
はてなプロに8,500円掛けてアップグレードした数か月後の事だった。意気消沈した私。でもだんだんブログを書くのが楽しくなっていた自分に気付く。
「金じゃねえ、笑いだ」
と開き直り、ブログを書いては読んでいただけるお気を確かにされた方がいい方々からのコメントのやり取りを楽しみコツコツと1日1,500~2,000文字以上で更新を続ける毎日だった。おかげさまで「パンツを脱ぎなさい(実話)」シリーズは大好評で書いてる期間も読者の方とのやり取りも本当に楽しかった記憶がある。


そんな日常が半年以上も続いたある日、その事件は起きた。

 

(うわああああああ!??ナニ?)

 

・・・すごいバズっていた。
通常の10倍以上ものPV数が上がって行く。閉じて一息付いて、一服などしてまた開く。そんな些細な一瞬の時間で数百ものPV数がカウントされていく。

 

(ナニが起こった?)

 

またもや一番最初に書いたプルデンシャル生命の記事がバズっていて、どこのどなたか存じませんが、フェイスブックで拡散してもらえた事が発端だったらしい。

当時、アドセンスの10分の1くらいの収入が得られる広告媒体を貼ってたが結構な勢いで上がって行く。しかし・・・

(アドセンスだったらなあ・・・)

の思いしか頭を巡らない。しかしもう無理なのだからそこは諦めて、別の方法を考える事にした。「アプリインストール」だ。

 

「これなら単価も高いし、うっひっひ」

の予定だったが、これがまったく収入にならない。アプリインストールは相当に難しいと実感したけど、私はとにかく懐疑的だ。私がレビューを書くために入れてみても無反応。友達に頼んで入れてもらっても管理画面は無反応。けっきょく辞めてしまった。という事で、はてなプロ代と独自ドメイン代をペイできるほど稼いではおりませんww

 

まあ、これは全て勉強の為にやったと思っていただきたいのです。インターネットが全てなこの世の中、SEO、アフェリエイト、広告媒体を理解するのは必然だし、全てにチャレンジできた事はアドセンスからの永久追放のおかげかもしれない。

人間、お金が掛かってないと必死にならないなあ。

と一年経過した今、感じている。

 

さて・・と。

 

f:id:manmai:20180117175730j:plainこれは私の意地だ(笑)