読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

~第16話:女王の憂鬱~社会に出たらパンツを脱ぎなさい。

⑯社会に出たらパンツを脱ぎなさい。

~第16話:女王の憂鬱~

f:id:manmai:20170420003333p:plain

 

「会社辞めるかも」

ええええーーー!?なぜ!40歳過ぎにしてバリバリのキャリアウーマン、美人で独身なら何かマズいところがあるかというとそういう事は決してなく、ほぼ完ぺきなオンナだと思っていた。Hも上手だし金持ちのおっさんでも捕まえたのなら話は別で、最近は会うペースは落ちけど、女王の雰囲気にも他のオトコのにおいも感じなかったから「寿退社」って雰囲気は伝わってこなかったし、「オトコはいない」って言ってたし何より寿退社ならもっと幸せ感なんかも出るハズなのに。いったいなぜ?

待ち合わせした喫茶店で女王はコーヒー、私はグラスビールを飲みながら話をしていた。いつもとりあえずビールな女王がコーヒー頼む時点でなんかおかしいと思ったんだよ。

 

「・・・バレちゃって」

 

ドッヒャ―――∑(゚◇゚ノ)ノ―――!!

私と女王の関係がバレた!?ヤバいよヤバいよヤバいよ、それはマジでヤバい。ああ終わった、私も終わった。私にもいったいどんなペナルティが待っているのだ。でもお互い独身だし不倫じゃねえし、何が問題なんだ?自由恋愛だと言い張れば問題なくね?

 女王は「はあああ」とため息をついて、一瞬ニコっと笑ってそれ以降はふさぎ込んでしまった。全部諦めたような顔にも見えたけど、諦めるのはまだ早い!きっと復活のチャンスはどっかにある。きっとある。たぶんある。とにかくわかんないけど諦めたらそこで試合は終了だよ。だいたいティンコ営業してました!それで社長賞取りました!なんて言えるワケもない。

「キングも異動よ」

キングは女王の上司でものすごく怖いおっさんだ。発注件のすべてを掌握し、神と恐れられる存在。次期は役員候補だと誰もが噂していた。まあ、私はそんなおっさんとも仲良かったんだけどさ。

「え?はあ?キングさんが?」

ナニがあった??ついに役員か?でも今はそれどころぢゃ。だいたいキングはコワいしそれは結構うれしいニュースかもしれないけど、せっかく仲良くなったのになんかもったいない気もする。でもやっぱり緊張するんだよあの人。でもそんな事よりどうやってごまかす?俺と女王は夜しか会ってないし、わざわざJR乗って女王の家まで来てんだぜ?つーかなおさらバレたならこんなとこでビール飲んでちゃまずいじゃねーか。

 

「だからバレちゃったの」

 

・・・え? 

え?ええええええーーえ!

なんと!キングと女王がデキていた。あのキングサイズのベッドはキングと一緒に使っていたのだ。女王とキングの不倫がバレたみたいだ。

すごいオンナだ。つーかこの会社、エロエロでズブズブじゃねーか(笑)お前ら他にやる事ねーのか。私とボブ子と女王とキングの4人は兄弟・姉妹、家族と親戚みたいなもんじゃねーか。

しかし女王の退職は痛い。あれだけハードな仕事を有利に進める上でも女王の存在は不可欠だし仕事で困った時には必ず助けてくれる。会社でも絶大な力とバイタリティを持った女性でそんなかっこいい女性は憧れの存在のようなモノであり、仕事という共通の目的を持って日々、お互い助け合い、苦労をする環境ってオトコとオンナの距離を縮める力があるのだ。つまりカンタンに言うと私はホレやすいのだ。

 

なんて思っていた矢先、ひとつの疑惑が脳裏を走った。

 

 

・・・もしかしてリークしたのはボブ子?

 

今回はあっさりと続く