売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

マネージャー(所長)のお仕事【プルデンシャル生命】

勝手にリクエストと判断しましてコメント欄では文字数的に厳しいのでこちらに書いてみます。Mさま、リクエストありがとうございます(笑)

プルデンシャル生命の管理職とはなんぞや?しかもいきなりその「管理職スタート」で勧誘されているってお話です。

結論を申し上げますと大変やりがいのあるお仕事、という事になります。ただし、大変難しいスタートを切る事だと予想されます。なぜ予想かというと、私は管理職経験はなく、いきなり「管理職を採用するケース」は関東地方の支社の「事例」としてしか聞いた事がありません。申し訳ございません。そのあたりを踏まえてお読みください。

ライフプランナーとマネージャー

通常は転職へ勧誘されると募集人(ライフプランナー)からスタートします。そして一定の数字を挙げると管理職(マネージャー)へチャレンジする事ができます。もちろん、そのまま募集人を続ける人のほうが多いですが。

マネージャーの基本のお仕事は「生保営業で成功しそうな業界人を採用して教育して一人前のライフプランナーへ育てる事」です。つまり基本は採用する事が仕事になります。したがってライフプランナー(募集人)のように生命保険の募集や見込み客発見の為にあちこち駆け回るような事をしません。むしろ「すごい人がいないか」を色々なツテから探してアプローチし、転職を促して、採用試験を受けさせて採用していく。そして見事に受かったら必死に教育していく。

ここからが一番大事なポイントです

「マネージャーの給料は自分が採用した新人さんが沈む事なく、辞める事なく、ガンガン数字を挙げて行けば行くほど増えて行く」仕組みです。

つまり、数字を挙げてくれないと自分の給料が減っていくから必死で教育するし、採用だってすぐ辞めちゃうような適当な人を採用できません。せっかく採用できても辞められちゃうと自分の給料がなくなるのです。

この仕組みは本当にすごいと思いました。私もマネージャーからとても親身になって教育してもらいました。マネージャーの給料体系は教えてもらえませんでしたが、3年ほど経って、先輩ライフプランナーから教えてもらいました。なぜあんなに質の良い営業マンしか採用されず、しかもそのあとの教育まで必死になってやってもらえるのか。

さて、採用に成功したとします。自分で採用したライフプランナーで自分のチーム(ユニット)を作っていきます。自分がそのユニットのマネージャーです。初期はマネージャー1人、ライフプランナー1人、つまり二人だけのユニットなんて全国ザラにありますヨ。とにかくどんどん採用して教育していかないといつまでたっても給料は増えません。

そこでMさんの場合、いきなりマネージャーからスタートって事になります。これはどういう事かというと、ライフプランナーとしての経験もなく、自身で保険を販売した事もなく、いきなり採用をして、教育まで行う必要があるって事です。世界一難しいって言われる生保営業の経験をした事もないのに教えれるのでしょうか?しかもプルデンシャルの保険の売り方は超独特ですし、かなりの熟知も求められます。相当に勉強も必要になるでしょうし。

ただ、あるエリアではこのいきなり管理職を採用する方法で大当たりしたって聞きました。もしかしたら採用後の「教育」って場面で何かしら手助けがあるのかもしれません。

そこは詳しく聞いておいた方がいいですヨ。もちろん給料体系もね。

おしまい