読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

~社長杯~プルデンシャル生命のコンベンション

各保険会社もコンベンションの季節になってきましたね。

表彰式です。ハワイです。ハワイコンベンションです。

プルデンシャル生命の場合、3月16日から翌3月15日までの一年、ある一定基準をクリアする事でハワイに行けます。これは基準が決められており、それを突破すれば誰でも行ける仕組みです。

 入賞基準にもよりますが、ギリギリで入ると一人分の旅費が支給されます。

大きく入賞すると、妻や家族の分まで旅費支給。

・・・私はもちろんギリギリ、一人分だったっす(笑)

 2,500人くらいだった記憶があるな。ホテルはヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・・・だったかな?

 さて、ハワイへ着くともちろん入賞者にはホテルの部屋も準備されています。

これもまた成績優秀者ほど上の階の豪華な部屋が準備されます。下に行けば、相部屋となります(笑)なかなかの部屋ではありましたが私は下層の方だったのでエレベーターで他の人と一緒になるのがイヤだった。(あ、こいつ、こんな下の階でおりやがった)的な(笑)

まあそれは置いといて。ホテルの野外のデカい会場で賑やかな音楽とともにウエルカムパーティが始まります。そりゃ2,500人くらいで宴会するんだもの、野外しか無理でしょ。東京の研修で会った同期達とも再開でき、固い握手を交わします。お互いの健闘を称え合えます。来れるだけでスゴイ事ですから。もちろん、ハワイに来れてるのはその同期の中でもごく一部。来れてるだけでもすごい事なのに、その中でも順位が明確になります。行くのはすごい事、でも行ってミジメな気持ちになる事もしばしば(笑)

 もう一度言います。誰でも簡単に行ける基準じゃありません。そりゃもう必死で泣きながら数字を追いかけた人間だけが行ける場所、それが「社長杯」です。

ただ、入社初年度の人間だったらある程度は入賞できないと話にならない。前職、友達、親、恋人。見込み客はたくさんいるんだから。それでも大半は入賞を落とすけどね。

 翌日から授賞式がこれまたデカい会場で行われます。もちろん、ギリギリ入賞の人間から発表されて行きます。最初に発表されればされるほどギリギリだとバレます(笑)

来れるだけでもスゴイんだからいいんだけどさ。でも、何年も続けて入賞している人たちは順位なんてあまり気にしてないようです。何年も掛けてようやく入賞出来た人もいるし、お祭りを楽しむ気分ではあるのは確か。

しかし長かった(笑)そりゃ2,000人以上が一人一人呼ばれて社長やら役員と握手して写真撮るんだから。所長部門、支社部門とかもあるので約2日、丸々使いながらこなして行きます。こちらはぶっちゃけヒマです。でも壇上の役員はすげーなーと思いました。丸々2日、ずーっと握手してるんだよ。汗びっしょり。そしてしっかり一人一人、称えてました。

 さて、観光もできます。レンタカーを借りてハワイを走ったり買い物したり、ステーキ食べたりお酒飲んだりする時間もあります。私と仲の良い同期は少しだけ遊んだあと、思いっきり寝て過ごしました。

・・・来年こそはもっと上の階に泊まろう!とだべりながら。

 もちろん次年度もギリギリだったのだが(笑)

 社長杯はひとつの目標です。これに入賞し続けることができればライフプランナーとして成功するであろう基準です。でも大半が行けない。連続入賞なんてとてつもない。それだけ価値がある社長杯。それがハワイコンベンションなのです。

転職の声が掛かると社長杯の華々しいビデオが見せられます。みんな楽しんでお酒飲んでわいわいやって。でもね、本当に難しいんだよ。社長杯、誰でも行けると思わないよう、生半可な気持ちで転職を決意しないようご注意ください。

 

おわり