読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

⑨ヤクザはヤバいよ~最終話~

www.pamda.xyz

 

f:id:manmai:20170402074735p:plain

「お前の就職先を俺がめんどうみるれろとおもってたろに!」

ガン!灰皿で頭を殴られる。

私の就職先を世話してやるとトドさん(ヤ◯ザ)が言ってるのだ。冗談じゃない。

「お前は大丈夫、だいじょうぶらと、らりるれろ!」

ガン!灰皿で頭を殴られる。

やはりトドさんは何を言ってるのかさっぱりわからない。血みどろのドラえもん状態でな上、凍死しそうな勢いでなんとか辿り着いたバイト先のバーで再びトドさんから殴られ続けていた。しかも灰皿で。

マスターは関わりたくないのだろう、トドに殴られ続ける血みどろのドラえもんに助け船を出すこともなく相変わらずバーカウンターの向こう側でグラスを拭きあげていた。せっかくここまで五体満足で辿り着き、夜明けも近い。そろそろフィニッシュだろうとひたすら私は時間が過ぎるのを待ち、殴られ続けた。

「お前はしえあsdかskdつあそpjじゃ!」と最後に強烈な一発をくらい、トドは子分が待つ巣穴へ帰って行った。そういえばエリカはどうなったのだろう。トドに引きずり出されて下半身露出のままバーの床に転がってた姿が記憶の最後。まあいいや。きっと私に無理やりヤラれたとか言って誤魔化せばいい。これで俺たちの関係も終わりにしようね。

そうして嵐が過ぎ、バーの調理場に設置された鏡を見ると、ぎょぎょぎょぎょ~!すでに血が固まって赤黒くなった顔は1.8倍ほどに膨れ上がり、完全にドラえもん。そして白いYシャツは首から胸の下あたりまで血みどろに染まっている。こんなに血が出たっけ?と思って頭を触るとザラッヌルっとした感触。ちょっとだけパックリ割れていた。でも経過数時間経ってたようで血は止まっていた。(まあいいや、そうだおうちに帰ろう、とにかく寝たい)と思ってタクシーを呼び、マスターに謝罪を述べ店を出た。

後日、私はバーのカウンターに立っていた。トドさんカップルの来店がピタリと止んだとマスターから情報が入ったからだ。結局、食い逃げトド野郎はこの前の分まで入れて28万、ツケを貯め込んだまま逃げたらしい。マスターとトド野郎の関係もわからずじまいだったけど、別にいいや。私もこの店でのアルバイトをやめ、ちゃんと就職しようと決意した。こんなトラブルを起こしたにもかかわらず、固定客をけっこう持っていた私はかなり引き止められたけどさすがに夜の世界はさすがに懲りた。これから昼間の世界にちゃんと就職するのだ。

後日、トドから私の携帯に連絡が入る。

「おお~!この前はすまなかったな!今九州の由布院(だったと思う)に温泉に来てるぞ!!」

「〇〇君(私の名前)も来て!入れて!お酒のもおうおうおお」

エリカだ。ちゃんとエリカさまもご健在だ。良かった生きてたね。そして何?今度は3Pの誘い?エロス様にはこりごりだ。

「あははは、楽しんでね。トドさんと楽しくね」

こうして速攻、着信拒否。負い目があった私はチャンスがあればツケ回収してやろうかとも思ってたので番号通知にしてたけど、バーも辞めたしこれで縁も切った。

私はちゃんと就職するのだ!

おわり

 

追記:ヤ〇ザはヤバいよシリーズ、読んでいただいた方ありがとうございました。

全国の夜の街で頑張っているみなさん、旅館のみなさん、ヤ〇ザとお酒と沢尻エリカと佐々木希を足した美人には注意くださいね。そしてツケで飲まれたら要注意!

これはそんな注意喚起を促したい気持ちで書き続けた本当の話です(笑)

そろそろちゃんとFPネタでも更新しなきゃ|д゚)