読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

④宗教に勧誘された結果~洗練の儀~

www.pamda.xyz

ヒマつぶしに宗教に勧誘された話④

 ドヤ顔オンパレードで笑いを堪えてなんとかしのいだ4日間。

私以外、ほぼ全員寝ていた。

(お前ら3万円払って寝に来たのか!)

と言いたかったけど、人は人、私は私。

さて、そんな中、私意外に必死にメモを取り、導師のドヤ顔に笑いもせず付いてきた人がいた。

顔色の悪い、病弱そうな女性だった。

お昼休みがあったのでそれとなく聞いてみた。

「見えるんですよね・・・。」

「ああ、そうなんですか」

こんな場所でそんな話ばかり聞いてたら「ナニ」が見えるのかくらいすぐ想像が付く。

「いろんな場所にお祓いに行きましたがダメでした。」

「それでここに?」

「ここはすごく有名だと聞きまして、何人も救われたって・・・」

 

世の中には色んな人がいるなあ、きっと悩んでいるんだろうけど、私にはさっぱり理解できない。

「で、なんとかなりそうですか?」

「わかりません。でも次も行こうかと思っています」

 (次?次ってなに?)

「来週、なんか大きい集まりがあって、すごいたくさん集まるって」

「・・・誘われませんでしたか?」

私、誘われてない!ナイス情報!きっと今から誘われる!おそらく本気で入信させに来る。

「お金も15,000円ですって」

案の定、お金は掛かるのね。まあそれは別に珍しい事じゃないからいいとして。

心構えがあるだけで人間は変わる。そんな予防線が貼れただけでも良しとしよう。

そして洗練の儀が始まる

時間になると私を勧誘した人(某社長)もやってきた。

「スーツとネクタイを着用する事。」と導師から言われる。確かに今までにないピリピリした空気が漂う。

「ドーン・ドーン」太鼓の音とともに、これまた一段と小林幸子みたいな衣装を来たおばはんが出てきた。

・・・笑いを堪えるのに必死だった。

「そこ!顔つきがおかしい!」

は?私?イラっと来る。さすがにおかしいことだらけを聞いた私の心は徐々に戦闘モードに切り替わっていった。

(落ち着け・落ち着け)

とりあえず儀式を終えて平穏無事に消えてなくなるのが得策だ。わかっている。大丈夫だ。私は大丈夫だ。

「どいつもこいつもシケた顔しやがって!今からアナタ達は▲▲の使いになるんだよ!」

※注:▲▲=なんか神様みたいなの

「これからアナタ達はいつでもどこでも🔴🔴して、人を救い、教えを広めるんだ。」

※注:🔴🔴=手のひらを使います。

 

なんだと!?あの妙な🔴🔴をいつでもどこでも使って、つまり、信者候補をここに連れて来いと。そしてお布施(上納金)をたっぷり貢がせろと。それが私達のミッションだと!?

( ゚д゚)ポカーン

な気持ちで儀式を終え、キレイに通り過ぎて終わりにする予定だったのに。

 

・・・だったのに。

 

・・・だったのに!!

 

「大変申し訳ないのですが」

よせばいいのに戦闘モードに切り替わってしまった・・・。

 

続く

 

www.pamda.xyz