読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

これまた急げ!貯金が趣味の男子に次ぐ【緊急事案】

え~タイトルは女子でも男子でもよかったのですが、今回のパターンは男性向けかな?男もお金は好きだけど、面倒なのは嫌いでしょ?

「一時払い終身保険」はお金を増やせる

読んで字のごとく、最初に一括でお金を払ってしまって、保険を買っちゃうことです。これは死亡保障も少ないし、「生命保険として」加入するなら最悪の部類に入ると思いますが、メンテナンスもラクで、何もしなくていい。

4~5年後くらいから「勝手にお金が増えて行く」ので人気があります。まあ、増え方も少ないけどね。使う予定がなく、余ってるお金があれば、活用方法の一つにしてもいいのかな?

でも、保険屋さんはあまり提案したがりません。なぜか?

・・・ぶっちゃけ、手数料がとても少ないのです(笑)保険屋さんも生活がありますからなるべく手数料(お給料)が多くないと生活できない。

これはせっかく保険に加入するにもかかわらず、保険屋さんをガッカリさせるという諸刃の剣。担当者とは長い付き合いになるんだから少しでも喜んでくれた方がいいと思う私は甘いのでしょうか。

とはいえ、魅力はあります。上記に書きましたが、一回で何もかも終わります。あとは指をくわえて、お金が増えて行くのを「うしししし」とほくそ笑んでいればいいからです。まさにめんどくさがりのオトコ向きです。うむ。でもね、ちゃんとオトコならしっかり死亡保険に入ってから考えてくださいね。「オトコは黙って死亡保険!」ですよ!

使う保険は「終身保険」

何度も書きましたが、終身保険って聞くと医療保険って思う人が本当に多いです。あくまでお葬式代とか私は学資保険代わりに提案される事が多い「死亡保険」です。

さて、通常なら長い年月を掛けて払っていきますが、一機に掛け終えてしまいます。したがって、ある程度大金が必要です。分割払いなんて出来ません。それは普通の払い方です(笑)

ちょっと難しいかも(仕組み)

ここは直接営業マンに聞いてもらった方がいいのですが、ざっくりと。

終身保険の内部で貯まるお金(解約返戻金)が満期近く(払い込み終了付近)から増える仕組みを利用します。

通常であれば、20年後とか30年後とかになるのですが、一年目で一機に20~30年分を払ってしまい、強制的に満期(払い込み終了)状態に持って行きます。するとどうでしょう?

満期近くから増える性質を持つ解約返戻金が、1年目から「増えてやるぜ!」と頑張り始めます。でもさすがにいきなりはムリでした。結局、4~5年目くらいから増え始め、あとはジワジワと増えて行きます。

もちろん死亡保障も付いていますから、銀行に預けるよりは遥かにマシです。税金の控除もあるしね。一時払い終身保険、余力があれば検討してみてください。

いくらからイケる?

100万くらいでもスタートできます。でもね、それはあまりおいしくない。この方法を使うなら500~1,000万円は欲しいかな。

ただ、これも今年4月からはどうなるこっちゃ。ゼロ金利政策っていいことないね。保険会社の予定利率も下がるんだもん。

とにかく前述しましたが、今年2017年4月からはとんでもなく悪くなります。金融商品に魅力がなくなるって保険屋さんには死活問題。

保険屋さん、食っていけるのかなあ・・・。できれば、この一時払い終身ではなく、別の方法で加入してあげてください。

だって増えるのは魅力だけど、増える量が他の方法と比べてとても少ないです。

デメリット3つ

①内部でお金が増えだすまで数年掛かるけど、それまでに解約したらマイナス。

②あまり増えない。他の商品の方がもっと増える。

③死亡保障が少ない。あくまで余裕がある人向け。

 

メリット3つ

①ラク

②保険屋さんもラク(笑)

③保険が付く分、銀行などより魅力がある

 

おわり(笑)