売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

俺が辞めてから何年経ってると思ってんだ【プルデンシャル生命】

f:id:manmai:20170715222013j:plain

今日、またプルデンシャル生命時代のお客様から連絡があった。辞めてからかなり時間が経つというのに未だに色々と電話が掛かってくるし、基地外のように鬼コールされる時もある。その電話の内容のほとんどは未だに「私が辞めた事に対する愚痴」から始まり、今の担当が内容を理解していないとかアンタほど連絡をくれないとか担当を変えてくれとかそんな話ばっかりだ。俺が辞めて何年経ってると思ってんだ。担当を変えろ!だなんて外部の俺に言ったってどうする事もできないって事すらわかんないの?

今の担当が理解してない?私ほど連絡が来ない?う~む、そうですか・・大変申し訳ございません。後任の〇〇は私もよく知ってますから私から連絡入れておきますね。でもね、それも仕方ないのです。だって新しいアナタの担当はアナタの保険をメンテしても1円も入らないのですから。アナタに連絡をするにも携帯代金が掛かるだけ損なのです、だってアナタは紹介もしなければ保険の追加もしないのにグダグダ文句を言うだけでしょう?そんなあなたをタダで面倒見てくれているのです。それだけでもありがたく思わなきゃ。

などと口が裂けても言ってはいけないし、思ってもいけないのだけど、実際はこんな仕組みなのだ。私のようにプルデンシャルを辞めた人間のお客さんを引き継いだ次の担当は、「タダ」でお客さんの契約を引き継がなくてはならないのです。タダ働きばかりが増えて行くのです。私のお客さんを引き継いでもらった後任の担当者には本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。せめて少しでもお金が入る仕組みだったらもう少し心を込めて対応する気にもなるだろうになあ・・・。

私に入る予定だった手数料は私が辞めた事ですべて保険会社の懐に入る事になり、後任の担当者はワケのわからないお客さんから文句ばかり言われる事になる。もちろん、見込み客をゼロから発見するより効率はいいかもしれない。確かにそのお客様はプルデンシャルの保険のよさが十分わかって加入してくれた方々なのだ。うまくやれば紹介も出るかもしれないし、退職金が入ったけどどう運用していいかわからない、相続対策もしたい・・なんて話も舞い込んでくるかもしれない。でも担当が辞めた事で不満タラタラなケースが多くて、私が辞める時も大変苦労した。それだけ信用されてたって事だろうけど、後任がその不満を満足に変えるにはよほどの対応力が必要になる。

まあ、それでも「アンタに保険は似合わないよ!他の仕事が似合うって!」と快く送り出してくれたお客さんも数名いて、未だに連絡を取り合い、お互いの近況や成長具合を報告しあう間柄になれたのはとても嬉しい事で、プルデンシャル生命での時代がなければ出会う事もなかった人たち。

やっぱり友人関係、人間関係ってお金が絡むとロクな事がないね。おかげで私はどんなに営業成績が苦しくても「友人にお願い営業をしない」ようになりました。プルデンシャルを辞めた後の、あるブラックな転職先で飛び込み営業を強要され、苦しくて本当に死にたいと思ったほどヤバい時期もあったけど、それでも友人関連にお願いに行かなかったのはそんな経験のおかげです。

 あ、なんか久々更新したかと思ったらマジメな事書いちゃったかも。たまには面白い事でも書こうかと思ったけど、根がマジメなもんでスミマセン(笑)

おわり

「」を知らない子供たち

f:id:manmai:20170626144412j:plain

私の子供達は私の「」を知らない。世間的にはある程度知っててもいい年頃なのだけど、例えば5歳になる長女は今さら知るメリットがあるのだろうか。

瞬間的に30億くらいは稼いだ。あんなに油の乗った20代後半から30代前半に掛けて猛威を振るった私の「」を知らないのだ。あくまで売上という形だが、約7年くらい、最大瞬間風速2億円を筆頭に数千万はザラな挿入だった。もちろんそれだけの売上を上げた営業マンは他にもいるが、自分で蒔いた種とは言え、バカで自己都合での退職まで追い込まれたヤツの中では珍しい部類に入ると思う。正直言って自画自賛、懐古主義、俺も昔はそうだったとどこにでもいるどっかの社長のような事は言いたくなく、時代は動き、環境は変わり、挿入が挿入を呼び、挿入すればするだけ売上が上がった挿入バブルの時代は終わった。営業方法だって、飛び込み、口コミ、ねずみ講、ネットワークビジネス、インターネット、ポータルサイト、リスティング、SEO、アフェリエイト、SNS広告、DSP。マーケティング手法なんぞ日進月歩の様相だ。そんな中、古典的な方法とは言え、「挿入」という手法は枕営業という言葉以外にマーケティングの世界では確立されていない。

人間の購買行動を分析したAIDMA(アイドマ)の法則においては、私の「」を売買するとすればそれはマーケティング手法に入るかもしれないし、ホストの世界でも似たようなものかもしれないが、ホストと大きく違うのは目的(売上や金銭)こそほぼ同じであれそもそも環境が大きく違う。ホストの世界では「」の存在など普通だし、ホストクラブに通って大金を使うおばはんたちも結局は若いホストの「」が欲しかったりするワケなのだ。雰囲気を楽しみたいから行ってるのよ、というおばはん達ももちろんいるのはわかっているが、私が漫画で読む限りはだいたいは「」目当てだったし、そんな欲望がうずめく世界であるのは違いない。つまりそもそも顧客(おばはんたち)の深層心理に「」は常に存在するのだ。それなら「売りやすい」というワケ。

さて、私は女性を虜にして、お金ではなく仕事をもらった。結果、会社での立場も上がり、パッと見た感じでは勝ち組方面に向かったのではあるが、そのほとんどは身銭を削ってお相手差し上げたのだからお金は常になかった。女性相手にアルバイトもしたが、それも現在進行中の女性の為に使ったワケだから一瞬だけ経済的に財布事情に余裕があった日々もあったが、それも実際は一瞬だったし根底から私の経済効果を底上げしたワケでもなかった。えーと、なんだっけ、そんな事を言いたいワケではなく、私の娘は私の「」を知らずに育っているのだ。そこが問題だ。

平日、帰宅した時、子供達は寝ている。朝、会社に行く時に私が朝ごはんの食卓に座ろうものなら魔女のような目で睨みつけて来る妻がいる。あんなに昔は愛し合ったというのに今や私は蛇に睨まれたカエルだ。朝は忙しい、それは十分にわかる。私がいれば子供達に人気モノの私はダッコだでんぐり返しだ、肩車だとリクエストが多く、母親としての仕事が進まないのもよくわかるし、その瞬間だけでも子供達に人気爆発な私に対して嫉妬しているようにも思えるが、コミュニケーションを取って何が悪いんだろうか。そういう事も手伝って、一家の大黒柱である私に対して「お父さんいってらっしゃい」と言われた事がここ数年一度もないし、もはや朝ごはんすら食べずにコッソリ会社に行く毎日だ。ゴミ出しだけは夜のうちから玄関に置いてあるからそれだけは絶対に欠かさないのはせめてもの抵抗である。そういえばこの前は父の日だったらしいが、普通はお父さんの似顔絵とかありそうなものだが、特に期待していたワケでもないんだけど、そんなものはカケラもなかった。幼稚園ではお父さんの似顔絵など書かせないのかもしれない、シングルなご家庭もあるしね。

晩御飯も平日は家で食べない私は帰宅するとコッソリと2階にある自分の部屋に侵入し、朝にはまたコッソリ階段を下りて出て行く毎日なのだけど、土日は違うかというとそうでもなく、魔女に魔法を掛けられ、土日はすっかり妻の下僕となっている私はスーパーの買い物だけに力を発揮し、重い荷物を文句も言わずに運ぶ。少しでも家事を手伝いたい気持ちがあるのだ。そうして日曜の夜には「おやすみ」も言わずに2階の寝床へコッソリと帰って行くのだ。そういうワケで娘と風呂に入る事もなく、せめて日曜くらいは一緒に・・・と思ってもそれをさせない妻がいる。子育ては妻の仕事であり、夫に介入を許さない、私は手伝いたいのにさせてくれない、オムツすら交換させてもらえないのだ。私は病原菌を持った病原体で家族間パンデミックを引き起こす可能性があるのだろうか。虫歯が移るからという理由で子供達が食事で使うハシなども完全に別々だ。そんな事あるのかと思ってググると虫歯は移るらしい。すごいなと思ったけど家族団らんなど完全否定しているように思えてしまう私は古い考えなんだろうか。私にインキンなどあれば移るかもしれないから風呂に一緒に入らせないとすれば、身に覚えのない私は「娘が無菌豚みたいな大人になるぞ!」と声を大にして言いたいけど言えない私がいる。アウトドア派の私はおおざっぱだし、菌などはむしろカラダに入れて耐性を作った方がいいと本気で思っているのだからそれくらいは反省しようと思うけど。

そんな妻も数年前に私の「」で落とした得意先の女性だったんだけど、今や「」も決して30億ほどの価値もない無用の長物になったな、としみじみ思うが今から「」を使って30億ほどの売上を作る予定もなく、会社の女性やプライベートな環境でもそんな需要はない。ただひたすら「もう一人作る?」などと妻が言い出さない事を心より祈る毎日だ。

おわり

パンツシリーズの延長みたいになっちゃった。

最高の参考書(ファイナンシャルプランナー向け)

今日、昔のお客様と久々に会った。親族(80歳)の義姉が心臓手術を受けたそうだ。心臓を取り出しての大手術だったらしい。

「心臓の冠動脈を付け替えてね~」

「おお、バイパス手術だったんですね!」

「冠動脈の代わりの血管をカラダから探して取って」

「ああ、グラフトですね。太ももとかでしょ」

「血液を機械で回して心臓取り出してね」

「人工心肺ですね」

「心臓が動くと難しいからそうしたんだって」

「オンビート(心臓動かしたまま)でやれるところはこの近くにないですよ」

「1本はそのまま行けそうだったから太ももからワイヤー通してね」

「ステントですね。全部それでイケるなら開胸も不要なんですけどね~」

なるべくカラダを開かない方が術後の経過もいいし、このステントってヤツは本当にすごい。シャーペンの芯のようなワイヤーを太ももから差し込んで心臓部まで持って行き、バルーンと呼ばれる網のようなワイヤーを開いて血流を確保する術式だ。

f:id:manmai:20170618200317p:plainf:id:manmai:20170618200341p:plain

「あんた、やっぱり詳しいね~。お医者様もそんな事言ってたよ」

「いやいや、まあ、なんか覚えてただけですよ」

 

いや、実は全部コイツの受け売りだ(笑)

f:id:manmai:20170618200614p:plain

 

本格的なマンガって本当に知識を得るには最高です。特に私のようなバカには最適。しかもストーリーが最高にいいし、大学病院の現状とか研修医の実情もよくわかる。

ドラマになったのはこいつが原作なの?知らないけど、生保業界に関わる方はこの漫画、絶対にオススメっす。

現在、私はクリエイティブ系の仕事をやっているけども、キャッチコピーだったり紙面構成だったりがパッと思い浮かぶのは繰り返し繰り返し好きなマンガを読んだからです。そんなに種類は読んでないけども、好きな本はそれこそセリフを暗記できるくらいまで読んだ。

それも立派な財産です^^

終わり

果てしなく大きく、そして壮大な疑問があります。

f:id:manmai:20170612151205p:plain

先日、ふと思ったのだけど、私は今までの人生において、大変、いやかなり損をしているのではないか?という疑問が巻きおこった。そう思ったキッカケはお気に入りの女優が出演する映画なのだが、助演の男優がヘタな演技をしているのかと疑うほど私には理解し難いシーンがあった。私のお気に入りの女優と絡める男優に対し、普段は「ウラヤマシイ」などと思う事もしばしばなのだけど、そのシーンをきっかけにその新作映画に対してとても感情移入できなくなった。私以外の他の男性はこの男優のような心理・状態を理解でき、感情移入、つまりシンクロできるのだろうか。

もちろん相手はその女優ではないし、もちろん妻でもないが、私も接待の延長だったり同僚とノリだったりと業界のお店へ行ったりする場合がある。そこそこのお金を払って某サービスを受ける際、「あ、そこは飛ばしてください。自分、必要ないんで」とノータッチを依頼してきたくらいだ。その時は単純に時間がもったいないと思っただけだと思うけど、なぜそのサービスのプログラムにほとんどその行為が組み込まれるのだろうか?私の経験上、ほとんどのお店においてそのサービスは付き物だった。「サービスのプロ」の世界で採用されるその行為はつまり、世間一般的に世の中の男性に対してウケがいいからだろう。

サービスのプロである世界にその行為が組み込まれるという事はある程度の実績数字が必要だ。仮に男性が喜ぶその確率が5割前後とすれば「世の中の半分前後の男性が喜ぶ行為」となる。確かに5割前後であれば十分な実績と言えるだろうし、そのサービスを提供する側も最初の研修時には相当な努力と技を修練した事が想像できるし、その研修を指導する男性も指導員という立場として膨大なデータに裏付けされた事実があるからこそ、その技、流れをプログラムに組み込むのだろう。

つまり打率5割であるならば、同じプロの世界で考えても野球であれば4番バッターとしてチームの主役、いや侍ジャパンの主砲となり、アナタの戦う世界は日本じゃ狭すぎる、メジャーリーグへ行ってください、イチローどころか屈指のメジャーリーガーでも成しえなかった打率5割を日本人が世界という舞台で成し遂げる事が出来るか挑戦してください、そして子供達に夢と感動を与え、将来はプロ野球選手になりたい!と目を輝かせながら日本中の子供達に思わせるほどの夢と感動を持たせる事が可能な数字なハズだ。そして日本のプロ野球界に大きな功績を残せるのだ、野茂やイチローのように。それが誰しもが納得する5割という数字だ。というか、そんな事はけっこう私にはどうでもよくて、ただ何より私の人生において、損かどうかが知りたいのだ。

 みんな、乳首感じるの?

 つまり、私の疑問はこうだ。 私の乳首はまったく感じない。いじられても吸われても舐められたりしても微動だに全くさっぱり感じない。それをあの男優はもだえるほど恥ずかしい声を出しながらお気に入りの女優に攻められていたのだ。それがとにかく滑稽にすら見え、その経験がない私にとってうらやましくも思い、そんな経験をした事がないが故に負けた気分にもなる。プロのお店を含めれば女性経験だってそんなに少なくない私だけど、そう思う私はおかしいのかどうか真剣に聞きたい、世の中の男性に、あるいは男性経験が多い女性にも。

そして何よりこの私の乳首に開発の余地、つまり未来はあるのだろうか。

おわり