売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

プルデンシャルを辞めさせたいのですが

「私の彼がプルデンシャルで、結婚も考えているし転職して欲しいのですが、どう説得したらいいですか?」

上記と同じような内容の質問をかれこれ通算4名様ほどからいただきました。それぞれ個別でご返答させていただきましたが需要は多いと判断しましてブログに投稿します。それぞれ入社何年目かもわからないし、年齢もバラバラなので難しいお話しではありますが。

辞めずに成功出来れば一番いいのですが、本当に厳しい世界ですからね。私は基本的にプルデンシャルは大好きです。いい会社ですし、◯年ですがボチボチ長く働けた事を今でも光栄に思います。


さてプルデンシャルのライフプランナーはその入社後の教育と環境によって人格が変わるほど洗脳・・おっとっと、「意識改革」させられます。
そして教育はもちろんですが、意識が継続し続けるのは環境そのものにあるかもしれません。

そして長くなりますので先に結論ですが方法はあります。私が友人にしてもらったように洗脳解体・・おっとっと、元の意識に戻すことが最短かつ最適な方法です。

※参考ブログは最後にリンク貼りますね。

そしてプルデンシャルに限らず、保険外交員の彼氏・旦那様を持つ女性の方はどんなに厳しい世界でパートナーさんが戦っているのか参考になれば幸いです。

 

さあ行くど。アナタの彼氏(ダンナ)がプルデンシャルを辞めれない要因は大きくこの5つ!さあどれだ!ww


①プライド→アメリカ最大級の金融機関でかっこいいっしょ。

②夢→カネ稼いでウハウハ。

③誇り→週二日の出勤で最高っす今さらリーマン無理。

④責任感→友達とかお客さんに「一生続けます!」とか言っちゃって契約取った手前、辞めるとか言ったら文句言われそう。

⑤環境→エグゼクティブ(最高位)の先輩スゲー!外車とか腕時計とか給料とかめちゃくちゃスゲー!

 

①プライド→食えない
プルデンシャル・ファイナンシャルは確かにアメリカ最大級の金融機関ですがただそれだけです。食えません。

②夢→食えない
夢はお金が叶えるものです。つまりお金も成功すればウハウハですが、今、苦しんでいるなら成功する余地はほとんどありません。つまり食えません。

③誇り→食えない
週2日の出勤でしかも午前中には解放される。こんないい会社はありませんし、子供の運動会とかなんかの発表会とかラクショーです。いい会社だぞ~家族も喜ぶぞ~と私のマネージャーもずっと言ってました。とてもいい環境ですが、法人営業でもない限り、特に落ちてる人間は土日も仕事しないと食えません。アタリマエだろ。

④責任感→食えない
私はこれもネックでしたね。友達やその紹介者から「絶対に辞めないでよ」とか言われまくった事が最後まで私を苦しめました。もちろん「辞めない事」が契約に含まれているワケではないのでドライに考えればそんな言葉は売り言葉に買い言葉。しかしながら意識改革されてしまったライフプランナーは「一生私が担当しまあああす!」などと大きく、そして到底不可能な事を言ってしまう手前、かなり良心の呵責に苛まれます。しかしながら良心がいくらあったって見込み客が続かないと食えませんし、自分を信頼して加入してくれた人は「紹介」を出してくれるハズですよ。「紹介」を出してくれた人が何人いるか数えたらいいです。紹介くれないと信頼されている事にはなりません。ライフプランナーが一番欲しいのは「紹介」なのですから。

⑤環境→食われたらオシマイ
神のように崇められるエグゼクティブライフプランナー(最高位LP)や※MDRT入会者、その他も法人営業バリバリで一撃必殺で数百万~千万円を稼ぐ先輩達がすぐ隣の席にいると、自分もカンタンにそうなれると思えちゃうから不思議ですがめちゃくちゃ努力しないと絶対になれない事に気付かない。つまり、とても簡単に夢が見れちゃうんですよね。
※MDRT→カンタンに言うとめっちゃ頑張っている人で世界基準。つまり稼いでいる人。
そして音と映像を使った華々しい映像で始まる週たった2日の出勤日。数字の結果発表と軽く連絡事項伝達で出勤日は午前中でおおよそ終了。こんなラクショーな出勤が他の会社にあるか?サラリーマン時代と比べると天国と地獄。絶対に辞めたくないとぬるま湯に浸かっていく日々。

ぬるま湯に浸かった夢見るカエルももちろん努力はしますが結果が付いてこないと卑屈になったり心が折れたり。そんなカエルを慰めてくれるのが同じぬるい環境で頑張る仲間たち。旅行だったり飲みに行ったりゴルフに行ったりw傷を舐め合うカエル軍団で団体行動を始めますが、(あいつより稼いでいるから大丈夫)とか少しでも思い始めたらもうオシマイ。いくらカエルでも下を見始めたらオシマイなのです。

長くなりましたが、まだ続きますw
プルデンシャル生命に在籍していると「自律」という言葉を多く聞きます。「自分を律する」という意味で、カンタンに言うとぬるい環境と弱い自分に甘えるな、という事だと思いますが、大変深い言葉と思います。そして稼いで夢をつかんでいる先輩方は間違いなく会社を「ぬるい」と感じた事は一度もないでしょう。自分を戒め、何があってもとにかく前へ。友達に嫌われても、ファミレスで水を掛けられても、しつこいと怒鳴られても、厳しいクレームを受けても、何があっても強い意志で保険営業に人生を掛けた人しか高見に登れない世界は自律した人しかつかめません。これってかなり難しい事ですよ。

そしてプルデンシャルだけじゃないです。保険会社はたくさんあるし、その保険営業に人生を掛けた方は一歩外に出るとウジャウジャいます。つまりプルデンシャルの営業マン含めて全員ライバルなんですよね。売ってるものは「保険」でみんな一緒、「見込み客」は奪い合いだぜ。食物連鎖の頂点に立たないといずれ食われてしまう事になかなか気づかない。ライオンですら手負いの状態なら生存競争に敗れてしまいます。今、気持ちが折れていたり、精神的に参っている状態なら間違いなく生存競争に勝てません。回りは全員、各業界でならしたツワモノ共でっせ。つまり今がカエルじゃ今後は絶対に食えません、むしろ食われるエサになるだけです。

私の同期でまだしがみついているライフプランナーがいます。新人時代には結構な数字を挙げて、一時期はかなりの収入をゲット。そして週休5日でウハウハな生活が染み付いてしまい、今さらリーマンに戻れない体質になってしまったようです。今は月に1~2件程度の状態らしいけどそれじゃ間違いなく退職コース。もちろん会社としても厄介者扱いされますが、本人は抜け殻のようになりながらも周囲のプレッシャーを回避し続けてプルデンシャルにしがみついていました。この前偶然会ったので話を聞くと「顧客を裏切れない」と言ってたけどそれはもはや「言い訳」でしかならない。独身だから別にいいけど家族がいたら絶対に無理ですね。私もそこはかなりネックだったから気持ちはわからないでもありませんが。

これもわかりにくいかもしれませんが、売れないライフプランナーはチームや支社の成績(平均値)を下げる要因になりますから、頑張っているライフプランナーやマネージャー、もちろん支社長からも目の敵にされます。ただこれを誤解してはいけません。基本的に会社の発展の為に会社の成績を下げる人を切り捨てる必要があるのは当然です。それがフルコミッションの世界です。つまりそれでもしがみつくのは支社長やマネージャーのプレッシャーに負けないとっても強い精神力が必要なのです。本人の事を思うと次の仕事に就いた方が幸せなのだけど。


色々な要因が混ざり合って、辞めれない、辞めたくないは人と状況によりそれぞれだけど、おおよそ原因は以上だと思います。※身に覚えのある方、下でポチっと★くださいw

 

さて、辞めさせるにはどうしたらいいか。前置きが長くなりましたがそれにはワケがあります。
とにかく本人の思い切った意識改革が必要です。つまり洗脳を解体しないといけません。それは本人にとって「大切な友人や大切なパートナーさん」ほど効果があります。難しいですが心から本人の置かれている立場を理解し、共感してあげる事が第一段階です。それはとっても難しい事ですが時間を掛けて膝を寄せてじっくりと一晩中でも話を聞き、理解しましょう。夜が最適です。(夜は感情が高ぶりますので。)どうして前置きを長々と書いたかと言うと、落ちていくライフプランナーはおおよそ同じ道を辿るのでじっくりと話を聞くにも予備知識が必要だからです。
※オトコがオトコの洗脳を解体するなら下記リンクの私がされたように一気に行くのも手ですが、これは女性からの申し出ですのでその前提で書きます。

そして状況を理解したら別の日に今度はひたすら反対処理です。簡単に言うと、仲間だと油断させといて内部から一気に塗り固められた脳みそを崩していくワケです。ひとつひとつ丁寧に負けずに反対して行ってください。あくまで仲間だという立場であまり感情的にならずにひとつひとつ丁寧に。

「信頼されているのに裏切れない!」

「保険は信頼されないと入れないの?」
「信頼されたならたくさん紹介だしてくれたんだよね?」
「これからも信頼される人は増えて行ってどんどんきつくなるんじゃない?」
「もっと苦しむアナタを見たくないよ」

相手を逆上させずにじっくりと。ゆっくり染み込ませて行って下さい。
ちなみに私の妻は「あんたに保険は合わないよ!」とズバっと切り込んできましたね。怖い妻でしたから(笑)

「お金が入らないならそれは仕事じゃないよ。趣味の世界だよ。」
「子供の将来はどうなるの?」
「もう辞めて。固定給の会社に転職して」
「月18万円でいいから」

まあそんな感じでしたが。立場は完全に妻が上だったしとにかく厳しい妻でしたので。でも今はとっても感謝してますよ。
「夢のような給料よりも女は確実な固定給が嬉しいよ」

って言うのは最後のクロージングでしたが具体的な「月18万でいい」がグサっと来ましたね。だってお金持ちになりたい!っていう凝り固まった夢を一撃で崩したのが「月18万円」でしたから。(月18万でいいのか・・そっか・・!)と思った記憶はかなり鮮明に残ってますね。今、月18万だと一晩中、正座で説教されますがw

逃げ道を作ってあげるのもいいかもですね。「固定給がある保険屋さんはないの?」って事です。実は私が取った方法はそれで、私は裏切ったと思われたくないお客さんから逃げました。プルデンシャル出身なら固定給で雇ってくれる保険代理店などたくさんあります。「独立します」とか「代理店立ち上げに携わる事になった」とか適当な事いってれば一応、保険を辞めない、裏切ってないと言い訳できるし、新しい職場でけっこう成績は上がります。そして落ち着いて他の会社に転職。けっこういいパターンですよ。また、私もそうでしたが大手保険会社の総合職から声が掛かる事もありますしお客さんを納得させるにはいいかもです。総合職は全国転勤あるから辞めましたけどね。

いかがでしょう?説得するって事は根気もいるし、大変な作業ですが目を覚ます事が出来たならきっと感謝されますし、二人の愛はより深くなると思いますよ!

 

 

うちはならなかったけど(笑)


さて、私が洗脳解体されたブログがありますので一応、リンク貼っておきます。併せて読んでみて下さい。ちょっと時間なくてバタバタ書いたので文章が支離滅裂だったらごめんなさい。過去、退職された方の体験談などありましたら是非気軽にコメントください。みなさんの役に立ちます。また共感したり役に立ったら★とかなんでもいいのでお願いします。はげみになります。なかなかブログ書かないくせにw
おしまい。

www.pamda.xyz

保険屋さんはやらなきゃ損

日経新聞読もうぜ!!!!!

このブログを読んだ保険営業の皆様、ドキっとした?ww

私も新聞読んでなかったなあ、読んどきゃ良かったと思った出来事を書きます。

 

「毎朝ヤフー見てるからいいよ」

「ニュース配信読んでるよ」

今までの私はコレだったけど、去年から新聞を読む事にした。
読むというと語弊があって、ぶっちゃけざっと眺めるだけだし、読む時間は朝10分、お昼5分ってとこ。
時間が無ければ、見出しだけ眺めておけばよい。それで毎月数千円のお金を払うのはバカらしいって思うかもしれないけど、みるみる世界観が付いてくる。未だに株式がどーとかナントカの先物で利幅がキャピタルなゲインがうんぬんかんぬんはさっぱりわからないし、おおよそ8割くらいの言葉が理解できないような気もしている。
ところがトランプ大統領の狙い、中国との貿易戦争、ZTE社がヤバくてファーウエイのスマホもヤバい感じだし、北朝鮮の思惑、動向、TPPのうんぬんかんぬん、電波が4Gから5Gに来年くらい変わって、孫さんが頑張って何兆円か投資して、すごいIOTの時代にAI人材、そしてこれからは宇宙ビジネス、そして来年の今頃は元号が変わっててGWは10連休だ。
もう新聞は捨てたけど今朝の朝10分、日経新聞を斜め読みしただけでこれくらいの事が頭に入っている。書き出してみただけでもまあまああるけど、だいたいおぼろげに覚えているだけだけど、これを毎日続けて行くと色んな言葉が繋がって自分なりの持論、ストーリーが出来上がっていくのだ。

ここでポイントがあって、「誰かにカンタンに説明する」って事を意識して読む事。毎朝欠かさずだ。私は毎朝、部下に15秒だけ話をさせてもらっているし、私が説明をサボるとメシ・酒・キャバクラをおごる約束をしている。通算2回サボると風俗をおごる約束だからけっこう必死に毎朝読んでいる。とっても必死だけど、自分も行きたい時もあるし、そこは成り行きに任せるとしてこれは自分に対する投資であり、いい歳こいたおっさんが新聞も読まないなんて、ちょっとね。

というのも、うちの社長が「プルデンシャルの営業マンは新聞も読んでないのか」と言ってきた。どうやら最近会ったプルデンシャルのLPとひとつも話が通じなかったという。
「よほどバカなお前の方が詳しかったぞ」と言われた時は嬉しかったようななんとも言えない気分になったけど、世間一般的に社長と話しができない営業マンは失格なんだなあと思った。
冷静に考えれば、うちの社長が日経新聞を読んでるので日経新聞を読んでおけば話題に事欠かないという利点にも気づいたし、だいたい保険の内容なんてどうでもいいのだ。特に社長はめんどくさがり屋が多いワケで保険内容なんてあまり聞かない人が多いし、逆に興味を持ったりするのはその営業マン自身だったりするので、保険契約だって最終的な決定打はその人間と話しが会うかどうか、フィーリングが合うかどうかでしかない。
新聞はタバコに次ぐ、コミュニケーションツールであり、クロージングツールなのだ。

おわり

保険相談を受けてみた。プルデンシャルの保険

プルデンシャルを辞めてもなお、保険の相談が大変多い。
1月はなんと4人から電話があった。みんな今の担当に相談してよ・・・。というか
今の担当に相談した結果、提案されたプランが果たして正しいのかどうかって判断をしてくれって事らしい。

あのね・・・。
まあいいや、と思っていい機会だし、最近のプルデンシャルの保険をじっくり見てみた。

プルデンシャルに限らず、円建ての保険は全滅だなあ。変動金利を使った「変額保険」が辛うじて・・・って感じだけど運用結果は保証されないからね。

そこで「外貨建て保険」という選択になるのだけど、これは相変わらず素晴らしく、見事な保険内容だった。

もちろん私がやっていた時期に比べると割高になってしまっているけど、円建て保険と比べると月とすっぽん、AV女優と団地妻くらいの差があるよ。ドル建てはスゴイよ。

日本人が持つ特有の「為替の不安」さえ取っ払えば・・・これは相変わらずバカ売れするだろうね。ここで為替のうんぬんかんぬんを語るつもりはないけれど、頭にこびり付いたイメージを取り払うのは意外と難しいから「円がダメになってもドルがあるし、ドルがダメになっても円がありますよ」っていう通貨分散の考えが最近の女性には効くみたいだ。
高齢化社会だとか日本の経済が衰退するとか中国の所得が10倍くらいになっているとかインドがすげーって言ったところで全くピンとこない、肩までどっぷりぬるま湯につかったゆでガエルちゃんたちは聞く耳を持ってくれないのだ。

●ドル建て終身保険
●ドル建て特殊養老保険(ドルRI)

世帯にもよるけど女性ならこの2本と掛け捨ての死亡保障を付ければかなりいい感じですネ。

「あの、医療保険はどうすれば?」

「東京海上のメディカルキットRで」

「あの、ガン保険は?」

「東京海上のガンRで」

今すぐ病気する予定がないのならこれが鉄板かな^^

つーか、なんで私がクロージングしてんだ。紹介手数料よこせ(笑)


おわり

はてなブログProがあと6日で使えなくなります

「はてなブログProがあと6日で使えなくなります!」

はてなさんからメールが来た。Googleアドセンスから永久追放を食らった今、私はこのブログをProにする必要は全くない。
しかも最近はゴルフだゴルフだゴルフだと仕事も超忙しく、ブログを更新する体力すら
奪われている始末。


それにしてもまだ6日もあるので少しはてなProの思い出でも語ってみよう。

だいたいこんな40歳も後半なおっさんが若かりし頃の思い出を語り、PV数を上げてるだなんて事は「小遣い稼ぎ」目的以外でもなんでもないが最初はそんなつもりは全くなかった。

一番最初のブログ記事は自身が経験した「プルデンシャル生命」への転職を書いた。

そして書いた事も忘れた3ヶ月目くらいの事、ふと集客数を見てみた。

(ぎゃああああ!)

私自信では信じられないくらい・・・。


見られていた。すごいPV数だった。

 

(やべえ!身バレしてないかな!?)

それが一番最初に感じた感覚であり、全身から汗が吹き出そうになった事を覚えている。


「金儲けできるんじゃないの?」

私の報告を受けた先輩があっさりと言った。
(※のちに私のアドセンスを止めた張本人ww)


(小遣い稼ぎかあ・・・)
あっさりとその先輩に乗せられた私はブログを頑張って書く事にした。
どうせなら色んな人の情報源となる記事を書き、役に立つ内容であればもっと人気でるかもな、などと自分自身を肯定し。

そこからアドセンスの合格を勝ち取るまで毎日毎日ブログを更新した結果、2回目の審査で無事合格となり、お小遣いという名の副収入が入ってくる形に。

・・・となるハズだったのだけど、その先輩がおもしろがってアドセンスから配信される広告をヒマさえあればポチポチと押し始めたのだ。

異変に気付いたのはある日曜の夕方。

「すげえ貯まったろ?」

先輩からLINEが来る。

(うぎゃああああああああ!)

「辞めて!今すぐストップしてください!」

一日で7,000円~8,000円くらいの広告収入が入るくらいポチポチされていたのだ。

(ヤバい、これ、絶対警告が来る)

その時はその程度にしか考えてなかったのだ。アドセンスチームに不正クリックが入った旨、連絡1本入れていればもしかしたら今までの広告収入は没収&警告程度に済んだのかもしれないのだけど、そんな方法がある事など知らないワタシが取った方法は前回バリバリの放置プレイ。

翌日の朝。アドセンスを立ち上げると「アカウントがありません」的な管理画面が目に入る。慌ててメールを確認するとよくわからない内容で「アナタはアウト~!」といった意味のメールが来ていた。つまり滅多にないと言われる「一発退場」だ。
ようやくことの重大さに気付くも復活できる可能性は皆無との事。1円も受け取らないままアドセンスから永久追放を食らってしまった。
はてなプロに8,500円掛けてアップグレードした数か月後の事だった。意気消沈した私。でもだんだんブログを書くのが楽しくなっていた自分に気付く。
「金じゃねえ、笑いだ」
と開き直り、ブログを書いては読んでいただけるお気を確かにされた方がいい方々からのコメントのやり取りを楽しみコツコツと1日1,500~2,000文字以上で更新を続ける毎日だった。おかげさまで「パンツを脱ぎなさい(実話)」シリーズは大好評で書いてる期間も読者の方とのやり取りも本当に楽しかった記憶がある。


そんな日常が半年以上も続いたある日、その事件は起きた。

 

(うわああああああ!??ナニ?)

 

・・・すごいバズっていた。
通常の10倍以上ものPV数が上がって行く。閉じて一息付いて、一服などしてまた開く。そんな些細な一瞬の時間で数百ものPV数がカウントされていく。

 

(ナニが起こった?)

 

またもや一番最初に書いたプルデンシャル生命の記事がバズっていて、どこのどなたか存じませんが、フェイスブックで拡散してもらえた事が発端だったらしい。

当時、アドセンスの10分の1くらいの収入が得られる広告媒体を貼ってたが結構な勢いで上がって行く。しかし・・・

(アドセンスだったらなあ・・・)

の思いしか頭を巡らない。しかしもう無理なのだからそこは諦めて、別の方法を考える事にした。「アプリインストール」だ。

 

「これなら単価も高いし、うっひっひ」

の予定だったが、これがまったく収入にならない。アプリインストールは相当に難しいと実感したけど、私はとにかく懐疑的だ。私がレビューを書くために入れてみても無反応。友達に頼んで入れてもらっても管理画面は無反応。けっきょく辞めてしまった。という事で、はてなプロ代と独自ドメイン代をペイできるほど稼いではおりませんww

 

まあ、これは全て勉強の為にやったと思っていただきたいのです。インターネットが全てなこの世の中、SEO、アフェリエイト、広告媒体を理解するのは必然だし、全てにチャレンジできた事はアドセンスからの永久追放のおかげかもしれない。

人間、お金が掛かってないと必死にならないなあ。

と一年経過した今、感じている。

 

さて・・と。

 

f:id:manmai:20180117175730j:plainこれは私の意地だ(笑)