売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

保険屋さんはやらなきゃ損

日経新聞読もうぜ!!!!!

このブログを読んだ保険営業の皆様、ドキっとした?ww

私も新聞読んでなかったなあ、読んどきゃ良かったと思った出来事を書きます。

 

「毎朝ヤフー見てるからいいよ」

「ニュース配信読んでるよ」

今までの私はコレだったけど、去年から新聞を読む事にした。
読むというと語弊があって、ぶっちゃけざっと眺めるだけだし、読む時間は朝10分、お昼5分ってとこ。
時間が無ければ、見出しだけ眺めておけばよい。それで毎月数千円のお金を払うのはバカらしいって思うかもしれないけど、みるみる世界観が付いてくる。未だに株式がどーとかナントカの先物で利幅がキャピタルなゲインがうんぬんかんぬんはさっぱりわからないし、おおよそ8割くらいの言葉が理解できないような気もしている。
ところがトランプ大統領の狙い、中国との貿易戦争、ZTE社がヤバくてファーウエイのスマホもヤバい感じだし、北朝鮮の思惑、動向、TPPのうんぬんかんぬん、電波が4Gから5Gに来年くらい変わって、孫さんが頑張って何兆円か投資して、すごいIOTの時代にAI人材、そしてこれからは宇宙ビジネス、そして来年の今頃は元号が変わっててGWは10連休だ。
もう新聞は捨てたけど今朝の朝10分、日経新聞を斜め読みしただけでこれくらいの事が頭に入っている。書き出してみただけでもまあまああるけど、だいたいおぼろげに覚えているだけだけど、これを毎日続けて行くと色んな言葉が繋がって自分なりの持論、ストーリーが出来上がっていくのだ。

ここでポイントがあって、「誰かにカンタンに説明する」って事を意識して読む事。毎朝欠かさずだ。私は毎朝、部下に15秒だけ話をさせてもらっているし、私が説明をサボるとメシ・酒・キャバクラをおごる約束をしている。通算2回サボると風俗をおごる約束だからけっこう必死に毎朝読んでいる。とっても必死だけど、自分も行きたい時もあるし、そこは成り行きに任せるとしてこれは自分に対する投資であり、いい歳こいたおっさんが新聞も読まないなんて、ちょっとね。

というのも、うちの社長が「プルデンシャルの営業マンは新聞も読んでないのか」と言ってきた。どうやら最近会ったプルデンシャルのLPとひとつも話が通じなかったという。
「よほどバカなお前の方が詳しかったぞ」と言われた時は嬉しかったようななんとも言えない気分になったけど、世間一般的に社長と話しができない営業マンは失格なんだなあと思った。
冷静に考えれば、うちの社長が日経新聞を読んでるので日経新聞を読んでおけば話題に事欠かないという利点にも気づいたし、だいたい保険の内容なんてどうでもいいのだ。特に社長はめんどくさがり屋が多いワケで保険内容なんてあまり聞かない人が多いし、逆に興味を持ったりするのはその営業マン自身だったりするので、保険契約だって最終的な決定打はその人間と話しが会うかどうか、フィーリングが合うかどうかでしかない。
新聞はタバコに次ぐ、コミュニケーションツールであり、クロージングツールなのだ。

おわり

保険相談を受けてみた。プルデンシャルの保険

プルデンシャルを辞めてもなお、保険の相談が大変多い。
1月はなんと4人から電話があった。みんな今の担当に相談してよ・・・。というか
今の担当に相談した結果、提案されたプランが果たして正しいのかどうかって判断をしてくれって事らしい。

あのね・・・。
まあいいや、と思っていい機会だし、最近のプルデンシャルの保険をじっくり見てみた。

プルデンシャルに限らず、円建ての保険は全滅だなあ。変動金利を使った「変額保険」が辛うじて・・・って感じだけど運用結果は保証されないからね。

そこで「外貨建て保険」という選択になるのだけど、これは相変わらず素晴らしく、見事な保険内容だった。

もちろん私がやっていた時期に比べると割高になってしまっているけど、円建て保険と比べると月とすっぽん、AV女優と団地妻くらいの差があるよ。ドル建てはスゴイよ。

日本人が持つ特有の「為替の不安」さえ取っ払えば・・・これは相変わらずバカ売れするだろうね。ここで為替のうんぬんかんぬんを語るつもりはないけれど、頭にこびり付いたイメージを取り払うのは意外と難しいから「円がダメになってもドルがあるし、ドルがダメになっても円がありますよ」っていう通貨分散の考えが最近の女性には効くみたいだ。
高齢化社会だとか日本の経済が衰退するとか中国の所得が10倍くらいになっているとかインドがすげーって言ったところで全くピンとこない、肩までどっぷりぬるま湯につかったゆでガエルちゃんたちは聞く耳を持ってくれないのだ。

●ドル建て終身保険
●ドル建て特殊養老保険(ドルRI)

世帯にもよるけど女性ならこの2本と掛け捨ての死亡保障を付ければかなりいい感じですネ。

「あの、医療保険はどうすれば?」

「東京海上のメディカルキットRで」

「あの、ガン保険は?」

「東京海上のガンRで」

今すぐ病気する予定がないのならこれが鉄板かな^^

つーか、なんで私がクロージングしてんだ。紹介手数料よこせ(笑)


おわり

はてなブログProがあと6日で使えなくなります

「はてなブログProがあと6日で使えなくなります!」

はてなさんからメールが来た。Googleアドセンスから永久追放を食らった今、私はこのブログをProにする必要は全くない。
しかも最近はゴルフだゴルフだゴルフだと仕事も超忙しく、ブログを更新する体力すら
奪われている始末。


それにしてもまだ6日もあるので少しはてなProの思い出でも語ってみよう。

だいたいこんな40歳も後半なおっさんが若かりし頃の思い出を語り、PV数を上げてるだなんて事は「小遣い稼ぎ」目的以外でもなんでもないが最初はそんなつもりは全くなかった。

一番最初のブログ記事は自身が経験した「プルデンシャル生命」への転職を書いた。

そして書いた事も忘れた3ヶ月目くらいの事、ふと集客数を見てみた。

(ぎゃああああ!)

私自信では信じられないくらい・・・。


見られていた。すごいPV数だった。

 

(やべえ!身バレしてないかな!?)

それが一番最初に感じた感覚であり、全身から汗が吹き出そうになった事を覚えている。


「金儲けできるんじゃないの?」

私の報告を受けた先輩があっさりと言った。
(※のちに私のアドセンスを止めた張本人ww)


(小遣い稼ぎかあ・・・)
あっさりとその先輩に乗せられた私はブログを頑張って書く事にした。
どうせなら色んな人の情報源となる記事を書き、役に立つ内容であればもっと人気でるかもな、などと自分自身を肯定し。

そこからアドセンスの合格を勝ち取るまで毎日毎日ブログを更新した結果、2回目の審査で無事合格となり、お小遣いという名の副収入が入ってくる形に。

・・・となるハズだったのだけど、その先輩がおもしろがってアドセンスから配信される広告をヒマさえあればポチポチと押し始めたのだ。

異変に気付いたのはある日曜の夕方。

「すげえ貯まったろ?」

先輩からLINEが来る。

(うぎゃああああああああ!)

「辞めて!今すぐストップしてください!」

一日で7,000円~8,000円くらいの広告収入が入るくらいポチポチされていたのだ。

(ヤバい、これ、絶対警告が来る)

その時はその程度にしか考えてなかったのだ。アドセンスチームに不正クリックが入った旨、連絡1本入れていればもしかしたら今までの広告収入は没収&警告程度に済んだのかもしれないのだけど、そんな方法がある事など知らないワタシが取った方法は前回バリバリの放置プレイ。

翌日の朝。アドセンスを立ち上げると「アカウントがありません」的な管理画面が目に入る。慌ててメールを確認するとよくわからない内容で「アナタはアウト~!」といった意味のメールが来ていた。つまり滅多にないと言われる「一発退場」だ。
ようやくことの重大さに気付くも復活できる可能性は皆無との事。1円も受け取らないままアドセンスから永久追放を食らってしまった。
はてなプロに8,500円掛けてアップグレードした数か月後の事だった。意気消沈した私。でもだんだんブログを書くのが楽しくなっていた自分に気付く。
「金じゃねえ、笑いだ」
と開き直り、ブログを書いては読んでいただけるお気を確かにされた方がいい方々からのコメントのやり取りを楽しみコツコツと1日1,500~2,000文字以上で更新を続ける毎日だった。おかげさまで「パンツを脱ぎなさい(実話)」シリーズは大好評で書いてる期間も読者の方とのやり取りも本当に楽しかった記憶がある。


そんな日常が半年以上も続いたある日、その事件は起きた。

 

(うわああああああ!??ナニ?)

 

・・・すごいバズっていた。
通常の10倍以上ものPV数が上がって行く。閉じて一息付いて、一服などしてまた開く。そんな些細な一瞬の時間で数百ものPV数がカウントされていく。

 

(ナニが起こった?)

 

またもや一番最初に書いたプルデンシャル生命の記事がバズっていて、どこのどなたか存じませんが、フェイスブックで拡散してもらえた事が発端だったらしい。

当時、アドセンスの10分の1くらいの収入が得られる広告媒体を貼ってたが結構な勢いで上がって行く。しかし・・・

(アドセンスだったらなあ・・・)

の思いしか頭を巡らない。しかしもう無理なのだからそこは諦めて、別の方法を考える事にした。「アプリインストール」だ。

 

「これなら単価も高いし、うっひっひ」

の予定だったが、これがまったく収入にならない。アプリインストールは相当に難しいと実感したけど、私はとにかく懐疑的だ。私がレビューを書くために入れてみても無反応。友達に頼んで入れてもらっても管理画面は無反応。けっきょく辞めてしまった。という事で、はてなプロ代と独自ドメイン代をペイできるほど稼いではおりませんww

 

まあ、これは全て勉強の為にやったと思っていただきたいのです。インターネットが全てなこの世の中、SEO、アフェリエイト、広告媒体を理解するのは必然だし、全てにチャレンジできた事はアドセンスからの永久追放のおかげかもしれない。

人間、お金が掛かってないと必死にならないなあ。

と一年経過した今、感じている。

 

さて・・と。

 

f:id:manmai:20180117175730j:plainこれは私の意地だ(笑)

このセンス。「君の名は。」

f:id:manmai:20171203103337j:plain

泣いてしまった。厳密に言うと会社で仕事中だったので涙目をこらえるのに必死だったのだ。この作品は一撃で私の心に踏み込んできたのだ。AV業界にはそんなに詳しくないが、あるキャッチコピーを考えていた矢先、ふとググった先にこの作品はあった。

大学生の頃はクリエイティブな職業に憧れたものの、時代は「営業職」しか採用がなかった私たちの時代。

その後、紆余曲折あったものの、40歳の後半にも差し掛かろうとした今、ようやくその職業につけている。ただ、クリエイティブな職業というのは天才と秀才でその差は歴然だ。狙ったキャッチコピーというものは、勉強し、努力した秀才の人間が、考え考えて考え抜いて出してくるフレーズよりも、天才肌の人間がパッと思いつくフレーズの方が格段に面白い事が多い。私の周囲にはその天才肌の人間が大変多く、常識に捕らわれない天才肌の人間はちょっと他の人と違う面も多いが、まさにバカと天才は紙一重なのだとこの歳になって痛感している。

そんな事は置いといて、もはや私の脳内では「縄」がこびりつき、「名は」は消えてしまった。しかも「your rope」と言うさり気ない演出も冴えている。腹を抱えて笑うほど私の心に入り込んだキャッチコピーは20年前に衝撃を受けたアレ以来だろうか。

 

「パイパニック」「これを見て あなたの股間も デカプリオ」

もしあなたがアダルトビデオ業界で働いていたとし、何か作品を世に出さないといけない立場の人間(ディレクターだったり監督)だとする。ありふれたアダルトビデオ業界では出演女優ももちろんだけど、タイトルがとても重要でインパクトかつその内容に興味を持たせる事が必須だ。売れるか売れないか、会社が倒産するか生き延びるか、そのタイトルにかかっていると言っても過言ではない。まさに売れるキャッチコピーひとつにその作品と会社の命運が掛かっているのだ。

私が見るか見ないかは別として、ロープを使ったプレイが好きか嫌いかと言えば興味はない方の人間だし、きっと中身は普通の緊縛プレイものだとも思うから別に見る予定もないのだけど、「これを見て あなたの股間も デカプリオ」で有名な「パイパニック」に続き、「君の縄」。このインパクトは間違いなく私の心に残ってしまった。

そしてスゴイのはこれからだ。「まだ縛ったことのない縄を望んでいる」というサブキャッチは誰でも考え付くだろう。そして当然ながら「これを見て あなたの股間も デカプリオ」には到底及ばない。しかしもちろんこの作品はライバルを超えるインパクトを持たせるべく、力技で超えようとしてきた。

ちょっとエロい画像が入るので周りはカットしてしまったけど、その秀悦なサブキャッチを見ていただきたい。

f:id:manmai:20171203103645j:plain

そう来たか!「前前前世」も流行ったね~。作品名とタイトル曲のふたつで販促を掛けてきたこの作品。時代がこれから20年も経過するとキャッチコピー勝負は残念ながら「パイパニック」の勝ちと思うけど、横綱に一矢報いた力士であるには間違いない。

f:id:manmai:20171203103438j:plain

おわり