売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

保険相談を受けてみた。プルデンシャルの保険

プルデンシャルを辞めてもなお、保険の相談が大変多い。
1月はなんと4人から電話があった。みんな今の担当に相談してよ・・・。というか
今の担当に相談した結果、提案されたプランが果たして正しいのかどうかって判断をしてくれって事らしい。

あのね・・・。
まあいいや、と思っていい機会だし、最近のプルデンシャルの保険をじっくり見てみた。

プルデンシャルに限らず、円建ての保険は全滅だなあ。変動金利を使った「変額保険」が辛うじて・・・って感じだけど運用結果は保証されないからね。

そこで「外貨建て保険」という選択になるのだけど、これは相変わらず素晴らしく、見事な保険内容だった。

もちろん私がやっていた時期に比べると割高になってしまっているけど、円建て保険と比べると月とすっぽん、AV女優と団地妻くらいの差があるよ。ドル建てはスゴイよ。

日本人が持つ特有の「為替の不安」さえ取っ払えば・・・これは相変わらずバカ売れするだろうね。ここで為替のうんぬんかんぬんを語るつもりはないけれど、頭にこびり付いたイメージを取り払うのは意外と難しいから「円がダメになってもドルがあるし、ドルがダメになっても円がありますよ」っていう通貨分散の考えが最近の女性には効くみたいだ。
高齢化社会だとか日本の経済が衰退するとか中国の所得が10倍くらいになっているとかインドがすげーって言ったところで全くピンとこない、肩までどっぷりぬるま湯につかったゆでガエルちゃんたちは聞く耳を持ってくれないのだ。

●ドル建て終身保険
●ドル建て特殊養老保険(ドルRI)

世帯にもよるけど女性ならこの2本と掛け捨ての死亡保障を付ければかなりいい感じですネ。

「あの、医療保険はどうすれば?」

「東京海上のメディカルキットRで」

「あの、ガン保険は?」

「東京海上のガンRで」

今すぐ病気する予定がないのならこれが鉄板かな^^

つーか、なんで私がクロージングしてんだ。紹介手数料よこせ(笑)


おわり

はてなブログProがあと6日で使えなくなります

「はてなブログProがあと6日で使えなくなります!」

はてなさんからメールが来た。Googleアドセンスから永久追放を食らった今、私はこのブログをProにする必要は全くない。
しかも最近はゴルフだゴルフだゴルフだと仕事も超忙しく、ブログを更新する体力すら
奪われている始末。


それにしてもまだ6日もあるので少しはてなProの思い出でも語ってみよう。

だいたいこんな40歳も後半なおっさんが若かりし頃の思い出を語り、PV数を上げてるだなんて事は「小遣い稼ぎ」目的以外でもなんでもないが最初はそんなつもりは全くなかった。

一番最初のブログ記事は自身が経験した「プルデンシャル生命」への転職を書いた。

そして書いた事も忘れた3ヶ月目くらいの事、ふと集客数を見てみた。

(ぎゃああああ!)

私自信では信じられないくらい・・・。


見られていた。すごいPV数だった。

 

(やべえ!身バレしてないかな!?)

それが一番最初に感じた感覚であり、全身から汗が吹き出そうになった事を覚えている。


「金儲けできるんじゃないの?」

私の報告を受けた先輩があっさりと言った。
(※のちに私のアドセンスを止めた張本人ww)


(小遣い稼ぎかあ・・・)
あっさりとその先輩に乗せられた私はブログを頑張って書く事にした。
どうせなら色んな人の情報源となる記事を書き、役に立つ内容であればもっと人気でるかもな、などと自分自身を肯定し。

そこからアドセンスの合格を勝ち取るまで毎日毎日ブログを更新した結果、2回目の審査で無事合格となり、お小遣いという名の副収入が入ってくる形に。

・・・となるハズだったのだけど、その先輩がおもしろがってアドセンスから配信される広告をヒマさえあればポチポチと押し始めたのだ。

異変に気付いたのはある日曜の夕方。

「すげえ貯まったろ?」

先輩からLINEが来る。

(うぎゃああああああああ!)

「辞めて!今すぐストップしてください!」

一日で7,000円~8,000円くらいの広告収入が入るくらいポチポチされていたのだ。

(ヤバい、これ、絶対警告が来る)

その時はその程度にしか考えてなかったのだ。アドセンスチームに不正クリックが入った旨、連絡1本入れていればもしかしたら今までの広告収入は没収&警告程度に済んだのかもしれないのだけど、そんな方法がある事など知らないワタシが取った方法は前回バリバリの放置プレイ。

翌日の朝。アドセンスを立ち上げると「アカウントがありません」的な管理画面が目に入る。慌ててメールを確認するとよくわからない内容で「アナタはアウト~!」といった意味のメールが来ていた。つまり滅多にないと言われる「一発退場」だ。
ようやくことの重大さに気付くも復活できる可能性は皆無との事。1円も受け取らないままアドセンスから永久追放を食らってしまった。
はてなプロに8,500円掛けてアップグレードした数か月後の事だった。意気消沈した私。でもだんだんブログを書くのが楽しくなっていた自分に気付く。
「金じゃねえ、笑いだ」
と開き直り、ブログを書いては読んでいただけるお気を確かにされた方がいい方々からのコメントのやり取りを楽しみコツコツと1日1,500~2,000文字以上で更新を続ける毎日だった。おかげさまで「パンツを脱ぎなさい(実話)」シリーズは大好評で書いてる期間も読者の方とのやり取りも本当に楽しかった記憶がある。


そんな日常が半年以上も続いたある日、その事件は起きた。

 

(うわああああああ!??ナニ?)

 

・・・すごいバズっていた。
通常の10倍以上ものPV数が上がって行く。閉じて一息付いて、一服などしてまた開く。そんな些細な一瞬の時間で数百ものPV数がカウントされていく。

 

(ナニが起こった?)

 

またもや一番最初に書いたプルデンシャル生命の記事がバズっていて、どこのどなたか存じませんが、フェイスブックで拡散してもらえた事が発端だったらしい。

当時、アドセンスの10分の1くらいの収入が得られる広告媒体を貼ってたが結構な勢いで上がって行く。しかし・・・

(アドセンスだったらなあ・・・)

の思いしか頭を巡らない。しかしもう無理なのだからそこは諦めて、別の方法を考える事にした。「アプリインストール」だ。

 

「これなら単価も高いし、うっひっひ」

の予定だったが、これがまったく収入にならない。アプリインストールは相当に難しいと実感したけど、私はとにかく懐疑的だ。私がレビューを書くために入れてみても無反応。友達に頼んで入れてもらっても管理画面は無反応。けっきょく辞めてしまった。という事で、はてなプロ代と独自ドメイン代をペイできるほど稼いではおりませんww

 

まあ、これは全て勉強の為にやったと思っていただきたいのです。インターネットが全てなこの世の中、SEO、アフェリエイト、広告媒体を理解するのは必然だし、全てにチャレンジできた事はアドセンスからの永久追放のおかげかもしれない。

人間、お金が掛かってないと必死にならないなあ。

と一年経過した今、感じている。

 

さて・・と。

 

f:id:manmai:20180117175730j:plainこれは私の意地だ(笑)

このセンス。「君の名は。」

f:id:manmai:20171203103337j:plain

泣いてしまった。厳密に言うと会社で仕事中だったので涙目をこらえるのに必死だったのだ。この作品は一撃で私の心に踏み込んできたのだ。AV業界にはそんなに詳しくないが、あるキャッチコピーを考えていた矢先、ふとググった先にこの作品はあった。

大学生の頃はクリエイティブな職業に憧れたものの、時代は「営業職」しか採用がなかった私たちの時代。

その後、紆余曲折あったものの、40歳の後半にも差し掛かろうとした今、ようやくその職業につけている。ただ、クリエイティブな職業というのは天才と秀才でその差は歴然だ。狙ったキャッチコピーというものは、勉強し、努力した秀才の人間が、考え考えて考え抜いて出してくるフレーズよりも、天才肌の人間がパッと思いつくフレーズの方が格段に面白い事が多い。私の周囲にはその天才肌の人間が大変多く、常識に捕らわれない天才肌の人間はちょっと他の人と違う面も多いが、まさにバカと天才は紙一重なのだとこの歳になって痛感している。

そんな事は置いといて、もはや私の脳内では「縄」がこびりつき、「名は」は消えてしまった。しかも「your rope」と言うさり気ない演出も冴えている。腹を抱えて笑うほど私の心に入り込んだキャッチコピーは20年前に衝撃を受けたアレ以来だろうか。

 

「パイパニック」「これを見て あなたの股間も デカプリオ」

もしあなたがアダルトビデオ業界で働いていたとし、何か作品を世に出さないといけない立場の人間(ディレクターだったり監督)だとする。ありふれたアダルトビデオ業界では出演女優ももちろんだけど、タイトルがとても重要でインパクトかつその内容に興味を持たせる事が必須だ。売れるか売れないか、会社が倒産するか生き延びるか、そのタイトルにかかっていると言っても過言ではない。まさに売れるキャッチコピーひとつにその作品と会社の命運が掛かっているのだ。

私が見るか見ないかは別として、ロープを使ったプレイが好きか嫌いかと言えば興味はない方の人間だし、きっと中身は普通の緊縛プレイものだとも思うから別に見る予定もないのだけど、「これを見て あなたの股間も デカプリオ」で有名な「パイパニック」に続き、「君の縄」。このインパクトは間違いなく私の心に残ってしまった。

そしてスゴイのはこれからだ。「まだ縛ったことのない縄を望んでいる」というサブキャッチは誰でも考え付くだろう。そして当然ながら「これを見て あなたの股間も デカプリオ」には到底及ばない。しかしもちろんこの作品はライバルを超えるインパクトを持たせるべく、力技で超えようとしてきた。

ちょっとエロい画像が入るので周りはカットしてしまったけど、その秀悦なサブキャッチを見ていただきたい。

f:id:manmai:20171203103645j:plain

そう来たか!「前前前世」も流行ったね~。作品名とタイトル曲のふたつで販促を掛けてきたこの作品。時代がこれから20年も経過するとキャッチコピー勝負は残念ながら「パイパニック」の勝ちと思うけど、横綱に一矢報いた力士であるには間違いない。

f:id:manmai:20171203103438j:plain

おわり

死にそう

現役LPからのご相談

この方、当ブログで何度も質問をいただき、私も他人事と思えなくなってしまい、何度かアドバイスを差し上げましたが「自分なら向いているハズです!」「プルデンシャル生命にチャレンジします!」と強い意志で飛び込んで行きました。
この度、入社されて4カ月目にして再び相談をいただき、晒すワケではありませんが、回答が長くなってしまいそうなのでブログとして公開させていただきます。
(許可はいただいております)
最近はプルデンシャル生命と言えば、セシルマクビー出身のLPさんの話題で持ち切りですが、「華やかな裏にはこういう現実がある」って事も併せてご一読いただけましたら。

それと私ごとき辞めた人間が偉そうにアドバイスもどうかと思いますが、この方への何かのヒントになればと思って書かせていただいてます。あしからず。

 

manmaiさん
ご無沙汰してます。お元気ですか?^ ^
3W(1週間に3件取ってくる事)は全然できそうにないので、僕は毎週挙積にこだわって頑張ってましたが、今週で途切れてしまいました。泣きながら東京に戻っているところです。
X(知り合いの事)がいなくなってきて、最近は街で声をかけたりもしながら見込み客を発見しようと頑張っています。
泥臭く必死に頑張りたいという気持ちはあるけれど結果が一向に出さず。本当に辛いです。
お金も底をつき、この仕事を辞めるか本当に悩むところまで来てしまいました。
今までお預かりしたお客さんのためにも続けたいですし、この会社の考え方が好きなのでまだまだいたいのですが、お金がなくて商談中に全く余裕がなくなってしまっている自分がいるのも感じています。
manmaiさんはすごく実績を挙げられていたようですが、僕は全然ダメすぎて正直悔しくて涙が止まりません。
もし、働かれていた時に周りに僕と同じように入社して4ヶ月目で死にそうになっている人を見たことがあれば、是非アドバイスをいただきたいです。どうかよろしくお願いします。

たった4ヶ月で死にそうですか・・・。実際に死んだ私が言うのもなんですが、ざっくり言うと普通の人レベルですね。
私は変態レベルでないと成功しないって書きましたけど、残念ながら変態ではなかったようですね。
そんな事はおいといて、ところで、「毎週挙績にこだわってる」と書かれていましたが、切れるとわかった瞬間、友人とかからクーリングオフ前提でも申込みをもらわなかったんですか?なんで?どうして?クーリングオフは結果であって、挙績になりますよ。泥臭い事してまでこだわってやるってそういう事かもしれませんよ。クーリングオフ前提だろうがなんだろうが、「申込用紙にサインをもらう」って行動を止めちゃダメです。ウソ・偽りが自分のポリシーに反するだろうがなんだろうが、毎週の連続挙績を止めるって事は急ブレーキなんですよね。クーリングオフ前提でも「面倒だからそのまま申し込むわ」って10回に1回くらいは契約になる事だってあるかもしれませんよ。
私は確かに150週、約3年連続しましたが、これ以上下げる頭はないくらい下げました。土下座もしました。記録を切りたくなかったから。
(クーリングオフ前提は2回ありましたが)

X(知り合い)がいなくなっているってありましたけど、本当ですか?携帯のメモリー、見てみてください。掛けてない人たくさんいるんじゃないです?少なくとも私はそうでした。この人誰だっけ?みたいな人、たくさん携帯にありませんか?私も死ぬ直前はさすがに全部掛けましたし、少しだけ延命できましたヨ。掛けてない先が100件くらい残ってましたから。
客待ちしているタクシーの運転手に一台ずつ声掛けしましたか?都内に山ほどあるコンビニを回りましたか?コンビニより多いと言われている歯医者さんとかに歯石だけでも取りに行きました?飛び込み営業しましたか?ダメ元で異業種会とか出てますか?異業種会は出るだけムダだけど、出ないよりマシですよ。普通に名刺交換してもムダだけどね。
苦しいなら所長に真剣に相談しましたか?所長やエグゼ、売れてる先輩に「教えてください」と死ぬほど懇願しました?したかもしれないけど死ぬほどしてないでしょ?ちょうど4ヶ月って「我」が出る頃でもあるんですよ。
カバン持ちでもなんでもお願いしましたか?エグゼや売れてる人の商談に同席させてもらった事ありますか?私は何度も同席させてもらいましたよ。さすがにカバン持ちまでは断られたけど、おかげで先輩に売り方をべったり教えてもらいました。商談後は毎晩のように酒飲みながら説教です(笑)アレはキツかったなあ。
まあ、これくらいの事は普通にやっているとは思いますがそうだったらごめんなさい。
そしてお金がないってありますが、4か月ならまだ規定給は出てるでしょ?それでみんななんとかして来たんだからなんとかしなきゃ。できないなら経営破綻してるって事ですよ。
それでもダメそうなら所長に言って、限界まで給料もらったら?TAP中(入社して2年)は規定給しか出ないなんて嘘だからね。上限いっぱいまで給料くれって言えばそうしてくれるよ。

なんて色々キツイ事いってスミマセン。辞めた人間が偉そうに、ねえ、ホント書いてて恥かしいわ・・・。今現在、全力で頑張ってる人に向かってごめんなさいね。でもまあ、上記はおおよそやりましたよ、私。

さて、話変わって、所長や支社長、営業所からのプレッシャーはキツイですか?「高い死亡保障と高い保険料を提案しろ」って言われてませんか?そんなの気にせず死亡保障を最低保険料の3,000円で売り続けたらどうですか?女性なら貯蓄系のドルRIやドル終身を最低保険料で売り続けたらどうですか?「お客さんは意外と死なないよ」なんて貯蓄タイプばかり売ってた有名なLPの人が言ってたしね。周囲にとやかく言われようが、長く続ける方法は間違いなくコレじゃないかな?

※プルデンシャル生命は死亡保障を売ってナンボって風習があります。貯蓄は売れてアタリマエだから貯蓄ばっかり売ってると後ろ指を刺されるのです


異業種会に行って「お金をめちゃめちゃ増やすスゴイ保険がありまああす!」と言って頑張ってたLPもいたよ。今の利率は知らないけどそれでもドルRIは最強じゃないのかな。
お金大好きな女子や独身男性にドルRIを提案するのだ。それでも高いって言う人には挨拶程度に月3,000円程度で家族収入保険を提案するのだ。
落ち目の時こそ安い小口契約の顧客を増やす事が大事。社長杯だとかキャンペーンだとかくそくらえ。基本的に高い保険料は嫌われるのだ。嫌われると契約もうまくいかないし、紹介も出ないから心も折れて行くんです。
こんな方法は絶対に所長から否定されるかもしれないけど、個人事業者なんだから所長の給料とか営業所の成績とか知ったこっちゃないよ。続けたいならそれしかない。

それか、辞めちゃうか。ラクになるよ。どうせ辞めちゃうならキズを広げないうちにさっさと辞めてしまった方が得策です。
4ヶ月頑張って来たんだし、どれくらいの軒数と保険料を預かってるか知らないけど、食って行けないならそれは仕事じゃありません。ただの暇つぶしです。

でもね、「逃げ癖」って付くんだよね。5年くらいで死んだ私が言うのもおこがましいけどたった4ヶ月ならせっかく入ったプルデンシャル生命に在籍した意味ないよね。ここで諦めたら次の職場もきっと長く続かないよ。甲州さんじゃないけど死ぬ気でやっても人間なかなか死なないよ。多分。

せっかく連続が切れたんだから「もう知らね」って感じで逆にチャンスと思って小口でいいから保険を売りまくって件数だけでも稼ぐべきですね。大きな保険料や見込み客は必ずそのあとくっ付いて来るよ。

前のブログでも書いたけど、「記憶に残らない保険契約」を実践されてはいかがでしょうか?どうせダメならダメ元です。

数の理論「記憶に残らない保険契約」 - 売れない保険屋さん

1回死んだと思ってリセットですね。これでダメならもうダメです。さっさと辞めてしまった方がお客さんの為かもしれませんね。

※私と市場が違うかもしれませんが、想像する限り、そんなに違わないとも思えます。まあ、つまりこの限りではありませんのであしからず^^;

先に死んだ根性ナシが偉そうに書いておわり