売れない保険屋さん

セールストークのネタになれば。

最高の参考書(ファイナンシャルプランナー向け)

今日、昔のお客様と久々に会った。親族(80歳)の義姉が心臓手術を受けたそうだ。心臓を取り出しての大手術だったらしい。

「心臓の冠動脈を付け替えてね~」

「おお、バイパス手術だったんですね!」

「冠動脈の代わりの血管をカラダから探して取って」

「ああ、グラフトですね。太ももとかでしょ」

「血液を機械で回して心臓取り出してね」

「人工心肺ですね」

「心臓が動くと難しいからそうしたんだって」

「オンビート(心臓動かしたまま)でやれるところはこの近くにないですよ」

「1本はそのまま行けそうだったから太ももからワイヤー通してね」

「ステントですね。全部それでイケるなら開胸も不要なんですけどね~」

なるべくカラダを開かない方が術後の経過もいいし、このステントってヤツは本当にすごい。シャーペンの芯のようなワイヤーを太ももから差し込んで心臓部まで持って行き、バルーンと呼ばれる網のようなワイヤーを開いて血流を確保する術式だ。

f:id:manmai:20170618200317p:plainf:id:manmai:20170618200341p:plain

「あんた、やっぱり詳しいね~。お医者様もそんな事言ってたよ」

「いやいや、まあ、なんか覚えてただけですよ」

 

いや、実は全部コイツの受け売りだ(笑)

f:id:manmai:20170618200614p:plain

 

本格的なマンガって本当に知識を得るには最高です。特に私のようなバカには最適。しかもストーリーが最高にいいし、大学病院の現状とか研修医の実情もよくわかる。

ドラマになったのはこいつが原作なの?知らないけど、生保業界に関わる方はこの漫画、絶対にオススメっす。

現在、私はクリエイティブ系の仕事をやっているけども、キャッチコピーだったり紙面構成だったりがパッと思い浮かぶのは繰り返し繰り返し好きなマンガを読んだからです。そんなに種類は読んでないけども、好きな本はそれこそセリフを暗記できるくらいまで読んだ。

それも立派な財産です^^

終わり

果てしなくアホな仮説が浮かびました

f:id:manmai:20170617220909p:plain

 

若いカップルはさておき、例えば夫婦とは一生寄り添うものでありそれに不可欠なものと言えばカラダの相性などとはよく言ったもので、ぶっちゃけ言うと「ずっと同じ相手」と性行為を楽しめる関係かどうか、つまり、できれば「特殊な性癖」をお互い持っていて、それがお互いにドンピシャにハマる夫婦なほど円満な家庭が築けるのではないか?という仮説が頭に浮かんだ。

あるいは男性の性欲が大変強くて、毎晩のように求めてくるギリシャ人のような男性を夫とした奥さんはとても幸せであり、きっと世間的にも仲良し夫婦と呼ばれる。

「あのふたりはいつも仲良しね~」

と昼間は近所のおばさん達にウワサされるナイスな夫婦なのだけど、夜になれば毎晩のようにその二人は豹変する関係なのだと思う。それがお互いの日常生活において欠かせないものでコミュニケーションの手段なのだからそれはお互い苦痛であるハズがなく、むしろ無くてはならない行為なのだと思うと心底尊敬に値する関係だと思う。仮面夫婦とはこういう夫婦の事を言うのではないか。昼間の顔はご近所にも評判が良い爽やかな二人、夜になれば他を寄せ付けない圧倒的な二人だけの世界が展開する。ああ、なんて素晴らしい。

なぜこんな事を突然言い出したかと言うと、実は前回の話に遡るのだけど、乳首が感じないのはおおむね男性だけかと思っていたところ、ある女性と名乗る方から「私も感じません」的なコメントをいただけた。大変感慨深いコメントで、女性で乳首が感じないのは珍しいほうの部類に入るのではないか?と思ってしまったのだ。コメントをいただけたこのmiyomiyo69さんが気を悪くしない事を祈りつつ、ちょっと妄想してみたのだけど、もし、このような方と私がカップル、もしくは夫婦だったらどんな感じなのだろうか、と。とにかく問題は「お互い乳首が感じない」二人なのだ。もしかしたら余計な前戯は必要なく、それこそ一気に本番突入可能なのかもしれないし、もし私がギリシャ人のように毎晩求めるタイプであったらこれほど楽ちんな事はないだろうけど、挿入口が挿入可能な状態までローション化されるかどうかも問題で、その前戯が下半身に集中するのであればそれはそれでローション化も可能だろう。

次に、乳首が感じない私達は変態プレイに走る可能性があるかどうか。その可能性はほとんどないと思う。おそらくその道のプロの変態カップルは普段の性行為がマンネリ化してからこそ到達する変態プレイの領域に達するのであって、私達はマンネリ化するほど回数をこなせるどころか、それに至る前にセックスレスな夫婦になるのは目に見えているし、性行為そのものが大変つまらない可能性もある。もしくは「お互い乳首感じないから変態しようぜ」ってなるかもしれないけど、この線は微妙だ。

そしてこの方に代表されるような乳首が感じない女性はもしかしたらマグロではないか。「私はあまり感じないからテキトーにやっといて」的な状態になのだったら水揚げされた冷凍マグロのようで無表情・無関心に横たわる女子の皆様は大いに反省していただきたい。そういう事がセックスレスにつながるからだ。だってツマンナイだもの。

加えて、男性は「自分よりも女性」なのである。女性が満足する事で征服欲が満たされるタイプも多い上、基本的にオトコはおっぱいが好きで、好きな乳首を吸う代わりに女性も気持ちよくなって欲しいと願うギブアンドテイクな精神も存在するという事を考えると乳首が全く感じないのは致命傷かもしれないが、男性を喜ばせたい女性も数多く存在するので、そこはテクニックでカバーできれば・・・と言ったところか。

 

さて、本来は上記の仮説を細分化して、数十、いや数百パターンに及ぶセグメント分けをしたいところなのだけど、正直、面倒なのでざっくり2つに分けた。

〇夫婦仲が良い=どちらか乳首が感じるタイプ

〇夫婦仲が悪い=どちらも乳首が感じないタイプ

 この可能性が高いのではないかと。つまり、乳首が感じないと浮気や不倫問題にまで発展する可能性があるので十分注意しないといけないという事だ。

私も乳首は感じないので「開発してあげるよ♡」なんて女性から誘われたならぜひご指導いただきたいと思うくらいだからやっぱり不倫の確率は高いのかもしれない。

おわり

関連記事

果てしなく大きく、そして壮大な疑問があります。 - 売れない保険屋さん

果てしなく大きく、そして壮大な疑問があります。

f:id:manmai:20170612151205p:plain

先日、ふと思ったのだけど、私は今までの人生において、大変、いやかなり損をしているのではないか?という疑問が巻きおこった。そう思ったキッカケはお気に入りの女優が出演する映画なのだが、助演の男優がヘタな演技をしているのかと疑うほど私には理解し難いシーンがあった。私のお気に入りの女優と絡める男優に対し、普段は「ウラヤマシイ」などと思う事もしばしばなのだけど、そのシーンをきっかけにその新作映画に対してとても感情移入できなくなった。私以外の他の男性はこの男優のような心理・状態を理解でき、感情移入、つまりシンクロできるのだろうか。

もちろん相手はその女優ではないし、もちろん妻でもないが、私も接待の延長だったり同僚とノリだったりと業界のお店へ行ったりする場合がある。そこそこのお金を払って某サービスを受ける際、「あ、そこは飛ばしてください。自分、必要ないんで」とノータッチを依頼してきたくらいだ。その時は単純に時間がもったいないと思っただけだと思うけど、なぜそのサービスのプログラムにほとんどその行為が組み込まれるのだろうか?私の経験上、ほとんどのお店においてそのサービスは付き物だった。「サービスのプロ」の世界で採用されるその行為はつまり、世間一般的に世の中の男性に対してウケがいいからだろう。

サービスのプロである世界にその行為が組み込まれるという事はある程度の実績数字が必要だ。仮に男性が喜ぶその確率が5割前後とすれば「世の中の半分前後の男性が喜ぶ行為」となる。確かに5割前後であれば十分な実績と言えるだろうし、そのサービスを提供する側も最初の研修時には相当な努力と技を修練した事が想像できるし、その研修を指導する男性も指導員という立場として膨大なデータに裏付けされた事実があるからこそ、その技、流れをプログラムに組み込むのだろう。

つまり打率5割であるならば、同じプロの世界で考えても野球であれば4番バッターとしてチームの主役、いや侍ジャパンの主砲となり、アナタの戦う世界は日本じゃ狭すぎる、メジャーリーグへ行ってください、イチローどころか屈指のメジャーリーガーでも成しえなかった打率5割を日本人が世界という舞台で成し遂げる事が出来るか挑戦してください、そして子供達に夢と感動を与え、将来はプロ野球選手になりたい!と目を輝かせながら日本中の子供達に思わせるほどの夢と感動を持たせる事が可能な数字なハズだ。そして日本のプロ野球界に大きな功績を残せるのだ、野茂やイチローのように。それが誰しもが納得する5割という数字だ。というか、そんな事はけっこう私にはどうでもよくて、ただ何より私の人生において、損かどうかが知りたいのだ。

 みんな、乳首感じるの?

 つまり、私の疑問はこうだ。 私の乳首はまったく感じない。いじられても吸われても舐められたりしても微動だに全くさっぱり感じない。それをあの男優はもだえるほど恥ずかしい声を出しながらお気に入りの女優に攻められていたのだ。それがとにかく滑稽にすら見え、その経験がない私にとってうらやましくも思い、そんな経験をした事がないが故に負けた気分にもなる。プロのお店を含めれば女性経験だってそんなに少なくない私だけど、そう思う私はおかしいのかどうか真剣に聞きたい、世の中の男性に、あるいは男性経験が多い女性にも。

そして何よりこの私の乳首に開発の余地、つまり未来はあるのだろうか。

おわり

アドセンスにチャレンジしてアド戦死~「グーグルアドセンス(Google AdSense)」

私はアフェリエイターではないけど、アフェリエイト報酬が発生するかもしれない可能性に掛けている。なぜかと言うと理由がある。

その理由を述べる前に私を助けると思って楽天カードなどいかがですか?

 さて、半年前、私は「はてなブログPro」にアップグレードした、つまりお金が掛かる仕様だ。「はてなブログPro」には大した機能も付いていないのになぜお金を掛けてまでProにアップグレードする必要があるのか。そもそもこんなワケのわからないブログにお金を掛ける必要など全くないハズだが。

それは「グーグルアドセンス(Google AdSense)」と呼ばれるクリック報酬型の広告枠をこのブログに貼る為以外に他ならない。お金が欲しかったわけではない、勉強の為に始めたのだ。あくまで勉強だ。私はGoogleのサービスが大好きなのだ。

ただ、その為にはレンタルサーバー代も独自ドメイン代も必要だ。そのあたりは月100円とかでもいけるレンサバ業者や格安の独自ドメイン取得したからそれでいいとして。

月1,000円が損益分岐点

はてなブログProだと月に700円ほど掛かり、レンサバ代や独自ドメイン代等を含めると月1,000円程度稼げれば損益分岐点を突破できる事になる。

一日にすれば約34円を稼げればいいのだ。このブログもキトクな皆さなのおかげさまで半年前には月に30,000PVを超えるようになり、ちょっとビックリしたけどいつの間にか迎撃態勢は整った。

よし、行くぞ。各種お金が掛かる仕様にアップし「Google AdSense」に挑戦。

2度の落選を受け、4ヶ月掛けてコツコツとブログを修正し、ついに当選!

 

f:id:manmai:20170612100546j:plain

するとなんと一日あたり300円前後のお金がカウントされていく。いやいや、1日34円超えりゃいいんすよ、これは勉強なんすよ、このペースじゃ月8,000~10,000円くらい行くっすよ、さすがっすよGoogle様!ホクホクっすよ!

 

・・・と思いきや、数日後、いきなりアカウント停止。

 

私がバカだった。アドセンスに通過した喜びを同じ会社の同僚に報告。

「息子の運動会でヒマやったからポチポチしまくったよ。だいぶ稼げたろ?」

 

ギャアァァァァ━ ━(゚Д゚|||)━ ━!!!!!!

ぬわああああああにいいいいいいい!!!!!????

 不正クリック発動。相手はGoogle、人工知能だ、同僚の息子の運動会などなんの言い訳にもならない。

いきなりGoogleから「永久追放」されてしまった。私の妻名義にしてもアウト。ドメインを変えてもアウト。色々アウト・・・。そんなかわいそうな私の為に楽天モバイルなどいかがですか?私もソフトバンクのiPhoneから乗り換えました。めちゃ安いですよ。

 

 そして一生、私は「グーグルアドセンス(Google AdSense)」を利用できないカラダになってしまった。ブログのみならず、動画だったり、はたまた違う媒体にきっとGoogle様はチャレンジして行くだろう。それをリアルで体験できなくなってしまった。

そして仕事とは言え、会社のお金とは言え、リスティング広告である「グーグルアドワーズ」(GoogleAdwords)で毎月数百万、年間数千万の販促予算をGoogle様に献上しているこの私があああああああああ!きいいいいいいいいい!!私はアドセンスに戦いを挑んだアド戦士となり、アド戦死したのだ。

3週間ほどで9,000円近く報酬が貯まっていたアカウントが停止。もちろん支払いなどない。少ないお小遣いの中で、いくら勉強とは言え、ギリギリの中で計画したお小遣い倍増計画も水の泡。そんなお小遣いが少ないかわいそうな私の為に一日1,000個分のオルニチンが入った宍道湖の本格しじみ週間など始めてみてはいかがですか?

 そしてアドセンスのアカウント停止を食らった事をあざ笑うかのようにその直後から私のブログもPV数が伸び始め、始めた当時の約2倍の60,000弱PVまで伸びてきた。一日あたり2,000PVだ。この数字ならおそらく月に1万5,000円くらいは行くかもしれない。しかしもうそれは叶わぬお小遣いなのだ。それでも私は負けない、こんなアホなブログを楽しみにしてくれたキトクな読者さんがいる。書き続けるしかない。そうすればいつかなんらかのチャンスが巡ってくるハズだ。それまで頑張るしかない。そんなケナゲな私の為にしじみではイマイチ二日酔いが取れない方は今話題で一撃必殺のこちらはいかがですか?私も買う予定です。肝臓に向けた対処療法などくそくらえ、二日酔いに効くのはバファリンかこれだ!(たぶん)

 

 

  ・・・一応、Google様に「申し立て」も出来るのですが一度キリのチャンスとの事で、もう少しGoogle様がご満足いただけるデータを取り、誠心誠意、Google様の広告媒体として活動させていただきたい旨を真勅に申し上げたいのだけど、復活のチャンスはほとんどないとの事でもうあきらめてはいますがそんなかわいそうな私の為にアフェリエイトなど始めてみませんか?はてなの無料版ブログでも出来ますよ♪

 

 

もちろんタダで転ぶ私ではない。だいたいお金が掛かっているのだ。年間契約なのだ、となるとアドセンスの変わりになる広告を探して貼るしかない。

次なる候補は「nend(ネンド)」というA8ネット系の広告枠だ。管理もしやすく、せめてこれが上手く軌道に乗れば・・・と思ったのだが、その淡い目論見も一撃で終わる。見事に単価が安いのだ、1クリックに対する報酬はアドセンスの20分の1以下。1クリック2円とか5円とか、たまに10円とかあると大喜び。それこそ月1,000円なんて届かせるのは私のブログでは至難の業。クリック数も低下した。やはりGoogleの広告がステキなのだ。リターゲティングもすごいしね。

 

f:id:manmai:20170612103645p:plain

まあ、こうなるとアフェリエイトだったりネンドだったりをするならば、独自ドメインもいらないし、レンタルサーバーもいらない、それこそ「はてなブログPro」も不要だ。お金儲けが目的じゃなかったからもう辞めようかな。

否!違った、勉強の為でした。そしてアフェリエイト報酬が発生すればアフェリエイタ―としての道も開けるハズだけど、しかし勉強の為に始めたとは言え、今からアドセンスにチャレンジしようとしている皆さま、不正クリックだけはくれぐれもご注意を。不正クリックは警告もなくいきなりアウトになるからね。

 結論、アドセンスは敷居が高いとしてもA8ネット、これだけはおススメです。欲しいモノがあったらまず、このアフェリエイトプログラムから探す。そうすれば自分に報酬が入るから事実上、割引で色々購入できます。たくさんある商品見てると楽しいよ。

 その目的で始める人も多いですからね。↑興味がある人は登録してみよう☆(500円)

 

そしてアナタのシェア、★ポチが私を救います。

おしまい(笑)